出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ツシマヤマネコ2頭誕生 京都市動物園、本州初繁殖に挑戦

11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供

 京都市動物園(左京区)は15日、同園で飼育中の国天然記念物・ツシマヤマネコの雌「メイ」(3歳)が、11日に子ども2頭を出産したと発表した。産後の経過は母子ともに良好で、子どもが無事に生育すれば本州の施設では初めての繁殖となる。

 生まれたのは体長14・9センチ、体重102・4グラムの雄と、体長15・2センチ、体重100・1グラムの雌。繁殖目的で飼育中の雄「キイチ」(10歳)とメイの間に生まれた。

 同園によると、メイは11日午後5時過ぎから陣痛の様子を示したが、自力での分娩の兆候は認められず、午後7時半ごろに帝王切開で出産。2頭は現在、人工保育器に入れられ、職員がミルクを与えている。担当者によると、免疫機能が安定する1カ月間ほどは体調が急変することもあり予断を許さないというが、母親の乳首を探すように頭を動かしたり、鳴き声を上げたりして元気な様子という。

 ツシマヤマネコは長崎県対馬市内だけに生息する野生の猫。生息数が減少し、環境省のレッドリストで絶滅の恐れが極めて高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されている。

 ツシマヤマネコの保護に取り組む対馬自然保護官事務所(対馬市)によると、先月に名古屋市の東山動植物園や福岡市動物園など3施設で4頭が生まれているが、そのうち3頭は死産や数日後に亡くなっている。同事務所の高辻陽介・自然保護官は「京都市動物園が実施する人工保育はこれまでに例がなく手探り状態になるだろうが、順調に育つことを願いたい」と期待している。

【 2017年05月15日 16時00分 】

ニュース写真

  • 11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      最後の春姫パレード、名古屋
      嫁入り行列再現

      20180422000100

       初代尾張藩主徳川義直の正室、春姫の嫁入り行列を再現したパレード「春姫道中」が22日、名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道、17歳の素根が初出場優勝
      全日本女子、冨田2位

      20180422000097

       体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は22日、世界選手権(9月・バクー)女子78キロ..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ヴォーリズ建築、じっくり見に来て 滋賀で特別公開

      20180422000088

       滋賀県近江八幡市の近江八幡観光物産協会は春の行楽シーズンに合わせて、同市内にある普段は..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]