出版案内
福祉事業団

ツシマヤマネコ2頭誕生 京都市動物園、本州初繁殖に挑戦

11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供

 京都市動物園(左京区)は15日、同園で飼育中の国天然記念物・ツシマヤマネコの雌「メイ」(3歳)が、11日に子ども2頭を出産したと発表した。産後の経過は母子ともに良好で、子どもが無事に生育すれば本州の施設では初めての繁殖となる。

 生まれたのは体長14・9センチ、体重102・4グラムの雄と、体長15・2センチ、体重100・1グラムの雌。繁殖目的で飼育中の雄「キイチ」(10歳)とメイの間に生まれた。

 同園によると、メイは11日午後5時過ぎから陣痛の様子を示したが、自力での分娩の兆候は認められず、午後7時半ごろに帝王切開で出産。2頭は現在、人工保育器に入れられ、職員がミルクを与えている。担当者によると、免疫機能が安定する1カ月間ほどは体調が急変することもあり予断を許さないというが、母親の乳首を探すように頭を動かしたり、鳴き声を上げたりして元気な様子という。

 ツシマヤマネコは長崎県対馬市内だけに生息する野生の猫。生息数が減少し、環境省のレッドリストで絶滅の恐れが極めて高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されている。

 ツシマヤマネコの保護に取り組む対馬自然保護官事務所(対馬市)によると、先月に名古屋市の東山動植物園や福岡市動物園など3施設で4頭が生まれているが、そのうち3頭は死産や数日後に亡くなっている。同事務所の高辻陽介・自然保護官は「京都市動物園が実施する人工保育はこれまでに例がなく手探り状態になるだろうが、順調に育つことを願いたい」と期待している。

【 2017年05月15日 16時00分 】

ニュース写真

  • 11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、バブリンカが通算16勝目
      ジュネーブ・オープン

      20170528000008

       男子テニスのジュネーブ・オープンは27日、ジュネーブでシングルス決勝が行われ、第1シー..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]