出版案内
福祉事業団

ツシマヤマネコ2頭誕生 京都市動物園、本州初繁殖に挑戦

11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供

 京都市動物園(左京区)は15日、同園で飼育中の国天然記念物・ツシマヤマネコの雌「メイ」(3歳)が、11日に子ども2頭を出産したと発表した。産後の経過は母子ともに良好で、子どもが無事に生育すれば本州の施設では初めての繁殖となる。

 生まれたのは体長14・9センチ、体重102・4グラムの雄と、体長15・2センチ、体重100・1グラムの雌。繁殖目的で飼育中の雄「キイチ」(10歳)とメイの間に生まれた。

 同園によると、メイは11日午後5時過ぎから陣痛の様子を示したが、自力での分娩の兆候は認められず、午後7時半ごろに帝王切開で出産。2頭は現在、人工保育器に入れられ、職員がミルクを与えている。担当者によると、免疫機能が安定する1カ月間ほどは体調が急変することもあり予断を許さないというが、母親の乳首を探すように頭を動かしたり、鳴き声を上げたりして元気な様子という。

 ツシマヤマネコは長崎県対馬市内だけに生息する野生の猫。生息数が減少し、環境省のレッドリストで絶滅の恐れが極めて高い「絶滅危惧ⅠA類」に分類されている。

 ツシマヤマネコの保護に取り組む対馬自然保護官事務所(対馬市)によると、先月に名古屋市の東山動植物園や福岡市動物園など3施設で4頭が生まれているが、そのうち3頭は死産や数日後に亡くなっている。同事務所の高辻陽介・自然保護官は「京都市動物園が実施する人工保育はこれまでに例がなく手探り状態になるだろうが、順調に育つことを願いたい」と期待している。

【 2017年05月15日 16時00分 】

ニュース写真

  • 11日に生まれ、母親メイのお乳を飲むツシマヤマネコの赤ちゃん(左がオス、右がメス)=京都市動物園提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]