出版案内
福祉事業団

カミツキガメ公開、生態系考える 京都・花園教会水族館

特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)
特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)

 京都市右京区太秦の花園教会水族館で、特定外来生物に指定されているカミツキガメが公開されている。花園キリスト教会牧師の篠澤俊一郎さん(37)は、展示を通して訪れた人々に生態系を守る大切さや命の尊さを伝えている。

 水槽展示を始めたのは2014年で、クラウドファンディングや募金活動を経て昨年10月、現在の場所にリニューアルオープンした。南米・アマゾン川やアフリカ・コンゴ川などを原産とする珍しい淡水魚を中心に、180種類・800匹以上の生物を飼育、展示している。

 カミツキガメは、北中米原産で、発達した水かきや長い爪が特徴。動きが俊敏で雑食のため繁殖力が高い。

 展示を始めたきっかけは、信徒男性から譲渡の相談を受けたことだった。男性は約20年前に縁日で買って、特定外来生物に指定されたと知らずにペットとして飼育し続けていたが、自身の高齢化で世話ができなくなり、環境省に問い合わせると殺処分を求められた。特定外来生物は、研究、展示目的以外の飼育は法律で禁じられており、男性から相談を受けた篠澤さんは水族館で飼育、展示することの重要性を書類にまとめ提出し、許可されたという。

 子どもだけでなく大人も一緒に命を考える機会になればと篠澤さんは考えている。「最初はかわいいというだけで飼い始めた生き物が、大きくなるとどうなるのか、生態系をどう変えていくのかを考えながら命を扱ってほしい」と話した。

【 2017年05月23日 09時51分 】

ニュース写真

  • 特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルの先発はWS2戦目か3戦目
      ロバーツ監督が電話会見

      20171022000032

       【ロサンゼルス共同】米大リーグ、ドジャースのロバーツ監督は21日に電話会見し、24日開..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]