出版案内
福祉事業団

カミツキガメ公開、生態系考える 京都・花園教会水族館

特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)
特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)

 京都市右京区太秦の花園教会水族館で、特定外来生物に指定されているカミツキガメが公開されている。花園キリスト教会牧師の篠澤俊一郎さん(37)は、展示を通して訪れた人々に生態系を守る大切さや命の尊さを伝えている。

 水槽展示を始めたのは2014年で、クラウドファンディングや募金活動を経て昨年10月、現在の場所にリニューアルオープンした。南米・アマゾン川やアフリカ・コンゴ川などを原産とする珍しい淡水魚を中心に、180種類・800匹以上の生物を飼育、展示している。

 カミツキガメは、北中米原産で、発達した水かきや長い爪が特徴。動きが俊敏で雑食のため繁殖力が高い。

 展示を始めたきっかけは、信徒男性から譲渡の相談を受けたことだった。男性は約20年前に縁日で買って、特定外来生物に指定されたと知らずにペットとして飼育し続けていたが、自身の高齢化で世話ができなくなり、環境省に問い合わせると殺処分を求められた。特定外来生物は、研究、展示目的以外の飼育は法律で禁じられており、男性から相談を受けた篠澤さんは水族館で飼育、展示することの重要性を書類にまとめ提出し、許可されたという。

 子どもだけでなく大人も一緒に命を考える機会になればと篠澤さんは考えている。「最初はかわいいというだけで飼い始めた生き物が、大きくなるとどうなるのか、生態系をどう変えていくのかを考えながら命を扱ってほしい」と話した。

【 2017年05月23日 09時51分 】

ニュース写真

  • 特定外来生物のカミツキガメと篠澤さん(京都市右京区太秦・花園教会水族館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      流出は産廃汚泥と判断
      岐阜県、中央道土砂崩れ

      20170821000174

       岐阜県瑞浪市の中央自動車道脇の斜面が崩れ、車4台を巻き込んだ土砂は、市内の窯業原料製造..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レスリング、泉は4回戦で屈す
      世界選手権、屋比久らも敗れる

      20170821000154

       【パリ共同】レスリングの世界選手権は21日、パリで開幕して男子グレコローマンスタイルの..... [ 記事へ ]

      経済

      農水予算2・6兆円要求へ
      収入保険開始に数百億円

      20170821000167

       農林水産省は21日、2018年度の農林水産関係予算の概算要求額を17年度当初予算比約1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      色彩と造形躍動、平和や生命表現 京都で絹谷幸二展

      20170821000130

       「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」展(京都新聞など主催)の内覧会が21日、京都市左京区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      源氏と響けユーフォ比較 京都文教大、物語の聖地化考察

      20170821000073

       物語作品の舞台を探訪する「聖地巡礼」について考える連続講座が20日、京都府宇治市槙島町..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]