出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

E・ザイラーさんに捧ぐ旋律 妻・和子さん、知人の演奏家招き

夫の遺志を継ぎ、知人のピアニストと連弾を披露する和子・ザイラーさん(中央左)=南丹市日吉町・かやぶき音楽堂
夫の遺志を継ぎ、知人のピアニストと連弾を披露する和子・ザイラーさん(中央左)=南丹市日吉町・かやぶき音楽堂

 京都府南丹市日吉町のかやぶき音楽堂で27日、恒例の「初夏のかやぶきコンサート」が始まった。日吉を拠点として30年近く夫妻で出演してきたドイツ出身のピアニスト、エルンスト・ザイラーさんが今年3月に急逝したため、妻和子さん(65)が知人の演奏家を招いて追悼のメロディーを奏でた。

 夫妻は1973年にピアノデュオを結成し、89年からかやぶき音楽堂で毎年初夏と秋にコンサートを開いてきた。出演継続を決めた和子さんは、米国在住のバディム・サラブリヤーニさん(42)をパートナーに迎え、連弾を披露した。

 夫妻の思い出があるというバッハの「フーガの技法」をはじめ、シューベルトの「グランドソナタ」やグリーグの「ワルツカプリース」などを奏でた。全国から訪れたファンたちは、趣のある建物や窓から見える田園風景に夫妻の思い出も重ねつつ、演奏を堪能した。

 和子さんは「今回の曲は夫が亡くなる間際まで練習していた。遺志を継いでコンサートを開くことができて良かった」と話した。

 コンサートは28日も午前11時と午後3時に開く。会費2500円で、当日券もある。

【 2017年05月28日 17時00分 】

ニュース写真

  • 夫の遺志を継ぎ、知人のピアニストと連弾を披露する和子・ザイラーさん(中央左)=南丹市日吉町・かやぶき音楽堂
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      国内最大級の立体花壇、22年の歴史に幕 京都、宇治市植物公園

      20180524000078

       宇治市植物公園(京都府宇治市広野町)の巨大立体花壇「花と水のタペストリー」で、草花を使..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マリナーズ、球場契約を更新
      来季から25年間、新しい名前に

      20180524000107

       【オークランド共同】米大リーグのマリナーズは23日、シアトルの本拠地セーフコ・フィール..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、多言語スマホ貸し出し
      外国人実習生受け入れの企業

      20180524000111

       シャープは24日、外国人技能実習生を受け入れている企業向けに、多言語対応のスマートフォ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都遺産第2弾に3件認定 水の文化、京町家、明治の近代化

      20180524000055

       京都市は、市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]