出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

色づいた梅の実、巫女ら収穫 京都・北野天満宮

境内に実った梅を収穫する巫女たち(9日午前10時半、京都市上京区・北野天満宮)
境内に実った梅を収穫する巫女たち(9日午前10時半、京都市上京区・北野天満宮)

 梅の名所として知られる京都市上京区の北野天満宮で9日、梅の実の採取が始まった。梅雨の合間に広がった青空の下、白衣に緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)たちが赤く色づきはじめた実を収穫していった。

 境内には50種約1500本の梅がある。梅の実は塩漬けや梅雨明け後の土用干しを経て、年末に正月の縁起物「大福梅」として参拝者に授与される。

 三光門(重要文化財)前ではピンポン球ほどの大きさの実を巫女たちが次々ともいでいった。境内には参拝者らが鳴らす鈴の音とともに、収穫した実をバケツに入れるコトコトという小気味よい音が響いた。

 同天満宮によると作業は1週間続き、例年並みの2トン余りが収穫できる見通し。

【 2017年06月09日 12時10分 】

ニュース写真

  • 境内に実った梅を収穫する巫女たち(9日午前10時半、京都市上京区・北野天満宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      陸上、山県が10秒05で優勝
      桐生3位、日本選手権

      20180623000141

       ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日は23日、山口市の維新み..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]