出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

京都南丹市花火大会の翌朝、会場の清掃活動に取り組む八木中の生徒たち(15日、南丹市八木町)
京都南丹市花火大会の翌朝、会場の清掃活動に取り組む八木中の生徒たち(15日、南丹市八木町)

 京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日本観光振興協会関西支部から「観光地美化奉仕団体」表彰をこのほど受けた。

 近畿と三重県の2府5県で観光地の美化に貢献した個人や団体を対象に毎年表彰があり、今年は府内から4団体が選ばれた。

 同中は生徒会を中心に2009年以降、花火大会の翌日に地域の各種団体が清掃活動に取り組む「クリーン大作戦」に参加している。大会当日の会場でマナー向上を呼び掛ける「エコ宣言」も行っており、地域の美化活動に継続的に取り組んでいる点が評価された。

 今年も15日朝に実施されたクリーン作戦に生徒が参加し、空き缶や紙コップなどのごみを拾って汗を流した。

 生徒会長の3年秋田一樹さん(14)は「頑張りを評価してもらえてうれしい。これからも継続していきたい」と気持ちを新たにした。谷口恭子校長(54)は「生徒の姿を通し、花火の来場者の環境意識がさらに高まれば」と願った。

【 2017年08月19日 10時53分 】

ニュース写真

  • 京都南丹市花火大会の翌朝、会場の清掃活動に取り組む八木中の生徒たち(15日、南丹市八木町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京町家「長江家」復元完成 手続き簡素化の市制度初

      20180524000196

       京都市下京区の京町家「長江家(ながえけ)住宅」で、内装を150年前の建築当時の姿に近づ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]