出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・新京極に「変なおじさん」 観光客にギャグ連発

独特のスタイルで通行人に一発ギャグを披露する岡田さん(京都市中京区新京極通三条下ル)
独特のスタイルで通行人に一発ギャグを披露する岡田さん(京都市中京区新京極通三条下ル)

 京都随一の繁華街、新京極に最近、「変なおじさん」が出没している-。コミカルな化粧を施し、路上で次々と一発ギャグを繰り出す男性に、奇異の目を向ける買い物客もあれば、喜んで写真を撮る観光客も。実はご本人、至ってまじめにこの役を演じているのだ。

 京都市中京区新京極通三条下ルのつえ専門店「つえ屋・新京極店」で販売を担当する岡田覚さん(65)。今年4月中旬から、自分の顔に太い眉と赤いほっぺの化粧で変装した「変なおじさん」スタイルで、店頭に立っている。

 岡田さんは高校卒業後、京都の大手下着メーカーに就職し、主にセールスマンとして36年間働いた。54歳で早期退職後、フィリピンで数年間暮らすなどしてきたが、心身の健康を維持するために社会復帰が必要と考え、2年前につえ屋に就職した。

 変装は、新京極を行き交う大勢の外国人観光客に笑いを届け、ひとときでも旅の楽しい思い出を作ってあげられたらとの考えで生まれた。店では普段、作務衣(さむえ)姿で勤務し、主に午後から顔に化粧を施して接客業務をこなす。

 時間があれば店先に出て、持ちネタの一発ギャグを道行く人に披露する。「今日も1日爽やかスカッとジャパン、イェーイ!」「ジョ、ジョ、ジョー、私がピンクのジョーです」「ポッキン、イカ」…。それぞれのギャグに深い意味はないが、笑顔でまじめに繰り出す芸風に、「観光客や通行人から一緒に記念撮影を頼まれることが多く、これまでに2千枚以上撮った」という。

 全国で11店舗を構えるつえ屋の坂野寛社長(58)は「初めはびっくりしたが、顔の割にまじめにやっている。皆さんに喜んでもらえたらいい」と評価。岡田さんは「ここに来たらいつでも楽しいおじさんがいると、新京極の名物として定着すれば」と話している。

【 2017年08月29日 14時20分 】

ニュース写真

  • 独特のスタイルで通行人に一発ギャグを披露する岡田さん(京都市中京区新京極通三条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      京都市バス、ミニカーで再現 90周年記念でトミカ

      20180623000124

       京都市交通局は、今年開業90年を迎えた市バスをモデルにしたミニカー玩具「トミカ」を24..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]