出版案内
福祉事業団

集落に活気「鞍馬炭」復活へ 京都、ネット販売も検討

窯出した炭を商品化するため、細かく切るメンバー。「鞍馬炭」の復活を目指している(京都市左京区広河原)
窯出した炭を商品化するため、細かく切るメンバー。「鞍馬炭」の復活を目指している(京都市左京区広河原)

 かつて「鞍馬炭」の産地として知られた京都市左京区広河原地区で、住民や出身者のグループが炭焼きを復活させた。高齢化が進む地区内で経験者が少なくなる中、「技術を途絶えさせてはいけない」と今春から炭づくりに挑戦してきた。住民たちは「伝統特産品の復活で、過疎の集落が活気づけば」と期待する。

 左京区北部の山間地にある広河原は、戦前まで林業と炭づくりが盛んで、集落のあちこちに炭焼き小屋があった。住民は約25キロ南の鞍馬まで炭を背負って歩き、良質の炭は飛ぶように売れた、という。

 しかし、戦後、ガスの普及で炭の需要が激減し、豪雪もあって集落を去る住民が続出。1960年に約370人いた住民は現在約120人に減った。住民によると、炭づくりは約15年前に途絶えた、という。

 「このままでは広河原の林業の歴史が消える」と危機感を持った住民ら5人が昨年8月、「広河原薪炭(しんたん)再生集団」を結成。炭焼きをなりわいとしていた段下専太郎さん(89)、小畑百さん(81)の助けで、復活を目指してきた。

 グループは今春、土と石の炭窯づくりを始め、地元の山から切り出したナラを使った炭づくりに着手。温度調節がうまくいかず、何度かの失敗を経て、今月28日、ようやく約700キロの炭が完成した。窯近くの作業場で製品化に向けて小さく切り分けており、全身を真っ黒にしながら、笑顔で作業に追われている。

 段下さんは「昭和30年代までは集落内で多くの煙が上っていたが、炭焼きが廃れると、若者がみな市街地へ働きに出て、寂しい村になった。売れるかどうかは心配だが、グループにはぜひ頑張ってもらいたい」とエールを送る。

 同地区出身でグループ代表の新谷久治さん(69)=大阪府枚方市=は「採算のとれる見込みは全くないが、地区が大切にしてきた技術を伝承したい。軌道に乗れば荒れ果てた山林にも人の手が入り、広河原の林業に明るい光が見えるかもしれない」と話す。

 グループでは現在、販路を開拓中で、ネット販売も検討している。

【 2017年09月01日 12時30分 】

ニュース写真

  • 窯出した炭を商品化するため、細かく切るメンバー。「鞍馬炭」の復活を目指している(京都市左京区広河原)
  • 手作りした炭窯から、完成した炭を出すメンバー
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      京都の戦禍「馬町空襲」犠牲者しのぶ 献花式に学生や住民参列

      20180117000024

       1945年1月16日に起きた「馬町空襲」の犠牲者をしのぶ献花式が16日、京都市東山区の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      レイクス田中大地、シーズン途中で早期引退 バスケBリーグ 

      20180117000036

       今季限りでの引退を明言していたレイクスの田中大地選手(28)が10日、シーズン途中での..... [ 記事へ ]

      経済

      美容商品広告の写真、修整せず
      米大手ドラッグチェーン

      20180117000020

       【ニューヨーク共同】米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは16日までに、店舗やネ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旅する「空中茶室」の魅力語らう 京都・八幡で21日シンポ

      20180117000033

       石清水八幡宮(京都府八幡市八幡)の宿坊にかつてあった空中茶室「閑雲軒(かんうんけん)」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]