出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

棚田の景観復活へ土壌づくり 京都・宮津

休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている
休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている

 京都府宮津市上世屋地区で、休耕田の棚田に25年ぶりに作物を植え土壌を復活させる取り組みが進んでいる。地元の高校生や市民有志が土を掘り起こしてジャガイモやヒマワリを栽培し、新しい命を吹き込んでいる。

 同地区は美しい棚田が広がる景観で知られるが、集落の北側には、人の手が入らず荒廃した休耕田もある。

 世屋高原でエコツアーガイドを続ける安田潤さん(68)が、かつての里山の風景をよみがえらせようと、里山学習で上世屋を訪れる宮津高フィールド探究部や、地産地消などに取り組むグループの大槻喜宏さん(44)=与謝野町弓木=らに声を掛け、休耕田を開墾して作物を育てることにした。

 今春、集まった生徒や家族連れなどが生い茂った雑草を手作業で刈ったり小型耕運機で土を耕したりして土壌を整備。ジャガイモを植え、7月に収穫した後、菓子職人の大槻さんが講師となり、掘ったばかりのジャガイモを使ったスイーツ教室を開いた。

 また、「福島ひまわり里親プロジェクト」で送られてきたヒマワリの種も植え、現在、里山の風景をバックに大輪が見ごろを迎えている。

 同高1年の本井詩乃さん(16)は「最初は耕すのが難しく、根が深い雑草は抜くのが大変だったけど、自分たちで収穫して達成感があった」と振り返る。大槻さんは「豊かな自然に囲まれた上世屋は生きた勉強の場。休耕田を再利用する活動を少しずつ広げていきたい」と話している。

【 2017年09月03日 11時25分 】

ニュース写真

  • 休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている
  • 荒れ果てていた棚田を整備し、ジャガイモを植える生徒たち(4月、宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      車いす鉾で「コンチキチン」京都の障害者施設、祇園祭合わせ制作

      20180718000021

       京都市南区の障害者施設「京都桂川園久世障害デイサービスセンター・ショートステイ」の利用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      堅守の山城暗転、延長に散る 高校野球京都大会

      20180717000209

       全国高校野球選手権京都大会は17日、わかさスタジアム京都などで3回戦6試合を行い、塔南..... [ 記事へ ]

      経済

      NY円、一時112円93銭
      半年ぶり円安水準

      20180718000008

       【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ド..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ガラス器ゆかりのクローバーで幸せ感じて 滋賀、黒壁スクエア

      20180718000025

       滋賀県長浜市の観光スポット「黒壁スクエア」(同市元浜町)で、創業30周年に合わせ、主力..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]