出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

棚田の景観復活へ土壌づくり 京都・宮津

休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている
休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている

 京都府宮津市上世屋地区で、休耕田の棚田に25年ぶりに作物を植え土壌を復活させる取り組みが進んでいる。地元の高校生や市民有志が土を掘り起こしてジャガイモやヒマワリを栽培し、新しい命を吹き込んでいる。

 同地区は美しい棚田が広がる景観で知られるが、集落の北側には、人の手が入らず荒廃した休耕田もある。

 世屋高原でエコツアーガイドを続ける安田潤さん(68)が、かつての里山の風景をよみがえらせようと、里山学習で上世屋を訪れる宮津高フィールド探究部や、地産地消などに取り組むグループの大槻喜宏さん(44)=与謝野町弓木=らに声を掛け、休耕田を開墾して作物を育てることにした。

 今春、集まった生徒や家族連れなどが生い茂った雑草を手作業で刈ったり小型耕運機で土を耕したりして土壌を整備。ジャガイモを植え、7月に収穫した後、菓子職人の大槻さんが講師となり、掘ったばかりのジャガイモを使ったスイーツ教室を開いた。

 また、「福島ひまわり里親プロジェクト」で送られてきたヒマワリの種も植え、現在、里山の風景をバックに大輪が見ごろを迎えている。

 同高1年の本井詩乃さん(16)は「最初は耕すのが難しく、根が深い雑草は抜くのが大変だったけど、自分たちで収穫して達成感があった」と振り返る。大槻さんは「豊かな自然に囲まれた上世屋は生きた勉強の場。休耕田を再利用する活動を少しずつ広げていきたい」と話している。

【 2017年09月03日 11時25分 】

ニュース写真

  • 休耕田の棚田に植えたヒマワリ。大輪を咲かせ、見ごろを迎えている
  • 荒れ果てていた棚田を整備し、ジャガイモを植える生徒たち(4月、宮津市上世屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      憲法9条の今後、木村草太氏が講演 滋賀で「憲法記念の集い」

      20180424000030

       滋賀弁護士会は28日午後1時半から、大津市におの浜1丁目のピアザ淡海で「憲法記念の集い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷翔平、25日に4度目先発
      敵地で覇者アストロズ戦

      20180424000028

       【ヒューストン共同】米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平(23)は2..... [ 記事へ ]

      経済

      早や田植え、極早生「ハナエチゼン」 滋賀の田んぼ、8月収穫

      20180424000035

       近畿有数の早場米の産地として知られる滋賀県高島市今津町で23日、極早生(ごくわせ)の品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山でアユ味わって 6月「若鮎祭」、塩焼き千人分用意

      20180424000029

       京都市右京区の嵐山公園(中之島公園)で6月14日午前10時半から午後1時まで、焼きたて..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      南北首脳会談「成果期待できる」 韓国議員が立命大でシンポ

      20180423000169

       北朝鮮問題をテーマにしたシンポジウムが23日、京都市北区の立命館大で開かれた。27日に..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発審査対応で複数社員違法残業
      日本原電東海第2、是正勧告

      20180423000179

       日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の再稼働と最長20年の運転延長に関する原子力規制委..... [ 記事へ ]