出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

老舗の「幽霊子育飴」綿菓子に 京都、9月末に発売

飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)

 墓の中で赤ん坊を育てる母親の幽霊が、子どものために夜ごと飴(あめ)を買いに来る-。そんな民話に由来する京名物「幽霊子育飴」の綿菓子が完成した。飴を作る京都市東山区の老舗と、同区にある創業1年の綿菓子専門店が協力、今月末に発売を予定している。

 約500年前に創業の「みなとや」は、麦芽水飴の香ばしさを効かせた幽霊子育飴で知られる。この飴の風味を綿菓子に再現したのは、昨年8月創業のJEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)。老舗と新店で立場は大きく異なるが、「地元に親しまれ、観光客に楽しんでもらえる商品で地域を盛り上げたい」との思いで一致したという。

 ただ、水飴を綿菓子に加工するとパリっとした食感になってしまうため、ジェレミー&ジェマイマを運営する椿森杏利沙さん(36)が、1カ月ほどかけて水飴に配合するざらめ糖の割合などに工夫を凝らし、ふんわりと口の中でとろけるような食感の綿菓子が先月末に完成した。

 パッケージも幽霊子育飴と同じデザインにこだわり、椿森さんは「老舗と新店のコラボレーションは京都ならでは」と喜ぶ。みなとや20代目店主の段塚きみ子さん(69)と、協力した段塚さんのおい高田慎一さん(35)は「若い方に人気の綿菓子を通して、私たちが伝える『命をつないだ飴』への思いをより多くの人に知ってもらえれば」と話している。

【 2017年09月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子100、桐生は10秒17で4位 陸上大阪GP

      20180520000128

       陸上のセイコー・ゴールデングランプリ大阪は20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行わ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]