出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

ロボットが高齢者の経験を生かして若者を元気づけるシステムを寸劇で紹介する学生と高齢者(京田辺市興戸・同志社女子大京田辺キャンパス)
ロボットが高齢者の経験を生かして若者を元気づけるシステムを寸劇で紹介する学生と高齢者(京田辺市興戸・同志社女子大京田辺キャンパス)

 同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えたコミュニケーションをロボットで活性化させるシステムを共同開発している。高齢化社会で増える孤独や世代間の溝の解決を目指しており、21日に同キャンパスで試作システムの実演があった。

 現代社会学部社会システム学科の講義で、3、4年16人と、公募で集まった市内の65歳以上の男女8人が6月からアイデアを出し合い、専門家のアドバイスを受けながらグループに分かれてプログラミングなどを進めている。

 この日は4グループがロボット「Pepper(ペッパー)」と一緒に寸劇形式で試作を披露した。人生の先達の高齢者から人をいたわる言葉などを学んだロボットが、悩みを抱える若者の表情や言葉を解析しながら人工知能(AI)を駆使して言葉をかけるシステムや、ロボットが早口言葉などで場を和ませて悩み相談に応じるシステムを発表した。

 高橋和子さん(85)は「AIなど社会の広がりに驚いた。学生と話して元気をもらえた」と話し、4年の平本佳菜さん(21)は「考え方の視点が違い、学生だけではできない作品ができる」と手応えを述べ、完成に意欲を見せた。

 担当の日下菜穂子教授(高齢者心理学)は「ハードルが高い共通の目標ができると、世代の壁を越えることができる。年齢差がなくなっていくのを感じた」と話している。

【 2017年09月21日 22時00分 】

ニュース写真

  • ロボットが高齢者の経験を生かして若者を元気づけるシステムを寸劇で紹介する学生と高齢者(京田辺市興戸・同志社女子大京田辺キャンパス)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      豪雨と地震、被災住宅支援に違い 京都府内、法適用の有無で

      20180716000057

       6月18日の大阪府北部地震と7月上旬の西日本豪雨は、京都府内で計5千棟を超える住宅に被..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J1鳥栖入りFトレスに地元歓声
      ユニホーム姿を披露

      20180716000076

       J1鳥栖入りした元スペイン代表FWフェルナンドトレスが16日、佐賀市内で開催された歓迎..... [ 記事へ ]

      経済

      日本の工芸品、京都三条にショールーム 職人.com

      20180716000078

       日本の工芸品を扱うオンラインストア「職人.com」(京都市上京区)は、中京区のSACR..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      イケメン学生バンドが2枚目シングル 京都発、現役大学生中心

      20180716000056

       京都の現役大学生を主体にしたバンド「Qyoto」(キョウト)が、2枚目のシングル「It..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]