出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

アニメ原点「驚き盤」放映へ 京都の女性、77枚保管

保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品
保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品

 約30年前に広島で開かれたアニメーションイベントで、国内外の作家が描いた手動の動画装置「驚き盤」が、近く京都市中京区のおもちゃ映画ミュージアムで映像として放映される。中には故手塚治虫さんによるアトムのほか、スヌーピーが描かれた作品も。今年は国産アニメ誕生から100年にあたり、ミュージアムは「貴重な資料。アニメーションの原点を知ってほしい」としている。

 驚き盤とは1830年代にヨーロッパで考案された円盤の玩具。円盤の周囲に少しずつ変化した絵を描き、鏡に映して回転させて、絵と絵の間に刻んだ隙間からのぞくと、残像で絵が動いて見える仕組み。アニメーションの原理にもつながる。

 驚き盤は、1985年に被爆40周年を機に開かれた「第1回広島国際アニメーションフェスティバル」のワークショップで国内外の作家や一般の人が参加して制作された。フェスティバルに関わった京都市内の女性が保管しており、ミュージアムが預かった。直径18~19センチの作品が77枚あり、日本アニメーション協会会長の古川タクさんが見たところ、著名な作家30人の作品31枚が含まれているという。

 手塚さんの作品は鉄腕アトムとウランが描かれて、サイン付き。ただ周囲に絵は描かれていないため、動画として見ることができない。ほかにもTVアニメ「ピーナッツ」や「トムとジェリー」で活躍した作家は、スヌーピーが跳びはねているような作品を描き、中央には「HIROSHIMA85」と明記。トキワ荘の住人で、ラーメン好きの「小池さん」のモデルで知られる杉並アニメーションミュージアム館長の鈴木伸一さんは、紙飛行機がチョウに変化して舞う様子を描いている。

 太田米男館長(68)は「広島で初めて開かれたフェスティバルに多くのアニメーターたちが集まった熱気を感じ取ることができる。アニメーションの歴史を知る機会にしてほしい」と語る。ミュージアムでは近く、驚き盤をコマ撮影し編集した映像の放映や、主な作品を展示する予定。問い合わせは同ミュージアム075(803)0033。

【 2017年10月06日 11時00分 】

ニュース写真

  • 保管されている驚き盤。左下が手塚さんのアトム、その右がスヌーピーの作品
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      河野氏「核不拡散に挑戦」
      NPT委で北朝鮮を非難

      20180425000009

       【ジュネーブ共同】河野太郎外相は24日、スイスで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      衣笠氏「少年時代のヒーロー」
      DeNA戦の横浜、悼む声

      20180424000202

       プロ野球DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは24日夜、衣笠祥雄氏が所属していた広島との..... [ 記事へ ]

      経済

      アマゾン、マイカーに配達
      米で新サービス、留守中

      20180425000008

       【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムは24日、マイカー内に商品を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]