出版案内
福祉事業団

前原氏「首相に自民議員はない」 将来は希望に参加

希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)
希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)

 希望の党への合流を決めた民進党の前原誠司代表(衆院京都2区)が7日、京都市内で京都新聞社のインタビューに応じ、衆院選後の首相指名選挙について「自民党議員はあり得ない」との考えを示した。

 -なぜ、希望への合流だったのか。

 「安倍政権の5年間、党勢の低迷が続いてきた。安全保障関連法に反対して野党共闘をしたが、存在感が高まったわけでもない。共闘以降、左旋回が強まり、共産党を気にして憲法改正や消費税の問題で発言できなくなった。このまま衆院選に突入すれば、壊滅的な状況に陥る」

 「安倍政権を終わらせるには与野党が1対1の構図をつくる必要がある。選択肢は野党共闘、選挙区での共産党とのすみ分け、野党再編の三つと考えた。小池百合子東京都知事が代表になって希望を設立する動きがあり、連携して自らの思いでもある『非自民・非共産』の大きなかたまりをもう一度作ることにした」

 -希望に参加するか。

 「政策協定書は小池代表とともにまとめた。将来は希望に参加したい。民進代表として地方組織の在り方などを調整し、衆院選後は無所属で立候補した人たちとも相談する」

 -希望は自民党との違いが見えづらい。

 「外交安全保障は現実路線で、大きな違いはないが、内政は違う。例えば、『中福祉・中負担』で社会保障を充実すると主張してきたが、小池代表も賛同しており、選挙でも争点として訴える。財源は消費増税分を想定していたが、安倍政権の経済政策の路線で増税すると格差を広げることになる。希望が公約にしている増税凍結は理解できる」

 -小池代表を首相候補として指名できない。衆院選の目標と首相指名の対応は。

 「安倍政権を過半数割れに追い込んで倒すため、比例を含めて233人以上を立てる。首相指名は小池代表と相談するが、自民の議員はあり得ない」

 -参院は自民、公明で過半数に達している。

 「仮に衆院選で勝ったとしても、政権運営が難しい『ねじれ国会』になる。小池代表とは再来年の参院選を見据え、どのような対応をとるべきかを相談している」

【 2017年10月07日 23時20分 】

ニュース写真

  • 希望の党との合流や今後の展望について語る民進党の前原代表(7日午後5時40分、京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      活性化で市民チーム立ち上げ 京都・亀岡のスタジアム計画

      20171211000014

       京都府亀岡市は、府が建設する球技専用スタジアムをまちの活性化に生かすソフト事業を市民参..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      経済

      WTO閣僚会議が開幕
      自由貿易体制の堅持促す

      20171211000006

       【ブエノスアイレス共同】世界貿易機関(WTO)閣僚会議が10日、アルゼンチンの首都ブエ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「読者と一緒に考えたい」 ミシマ社の異色雑誌「ちゃぶ台」

      20171211000038

       ミシマ社の異色の総合雑誌「ちゃぶ台」が創刊3号を迎えた。「多くの人がまだ気付いていない..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学校のどこが嫌?」 京都の教員、フリースクールに学ぶ

      20171210000041

       不登校の児童や生徒が通うフリースクールに対して、教育委員会や学校関係者の関心が高まって..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]