出版案内
福祉事業団

時代祭で「出陣の舞」初披露 京都の児童、22日に

歌舞伎の見えなどを取り入れた創作舞踊「出陣の舞」を、時代祭の当日に向けて練習する子どもたち(京都市右京区・葛野小)
歌舞伎の見えなどを取り入れた創作舞踊「出陣の舞」を、時代祭の当日に向けて練習する子どもたち(京都市右京区・葛野小)

 京都市右京区の葛野学区の子どもたちが、時代祭のある22日朝、地元から時代行列に参加する住民たちを浴衣姿で激励する創作舞踊「出陣の舞」を初めて披露する。小学生約40人が当日に向けて練習を重ねている。

 時代祭は、平安神宮(左京区)の崇敬者でつくる団体「平安講社」の主催。市内を11地域に分けて、各地域に設けた講社がそれぞれ行列を分担する。葛野学区は第9社に属し、室町時代の将軍や管領、医師などに扮(ふん)して歩く成人男性主体の行列「室町幕府執政列」を約25年に一度担当する。

 しかし、女性や子どもは参列できないため、同学区自治連合会副会長の西村明さん(69)が、みんなで祭り気分を楽しもうと、踊りの披露を発案。葛野小近くで日本舞踊教室を開く若柳錦秀さんに選曲と振り付けを依頼した。

 「出陣の舞」は約4分間。尺八や三味線、和太鼓などを使った和楽器バンドの曲「起死回生」に合わせて踊る。歌舞伎の見えを取り入れ、子どもたちの元気良さを表現するため手を大きく動かしたり、ジャンプしたりする振り付けもある。踊りの後には「武将の皆様、いざ出陣」と声をそろえて発し、参列者を見送る。

 出陣の舞に参加する同小4年野村桃花さん(10)は「笑顔で踊れるよう頑張りたい」と意気込みを語る。当日は午前8時から同小西側にある三反田公園で披露する。祭りが順延の場合、23日に行う。

【 2017年10月20日 14時30分 】

ニュース写真

  • 歌舞伎の見えなどを取り入れた創作舞踊「出陣の舞」を、時代祭の当日に向けて練習する子どもたち(京都市右京区・葛野小)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

      20180117000083

       京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の町工場から世界へ インテリアの「パリ・コレ」初出展

      20180117000051

       フランス・パリで開かれる世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」(19~2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      決断の前、家族の思い交錯 <変わる生の形・脳死と救い>

      20180117000096

       交通事故にあったという電話を受けて病院に駆けつけると、妻はベッドの上で眠っているようだ..... [ 記事へ ]