出版案内
福祉事業団

クレヨンの動物画、色使い絶妙 京都、障害者施設利用者が作品展

微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)

 京都市伏見区の障害者施設「京都市ふしみ学園」利用者が描いた絵の展示が30日、東山区轆轤(ろくろ)町のギャラリー「まっつぁら」で始まった。作者の筆遣いを感じる6点を紹介している。

 同学園では、利用者の描いたクレヨン画や色鉛筆画を広く知ってもらうため複製画を作るプロジェクトを進めている。今回は、大型の複製画よりも日常生活で使いやすい名刺への活用を提案しようと、原画を展示した。

 パンダやシロクマ、ペンギンを描いた動物画シリーズはクレヨンで描かれていて、重ね塗りによる色の表現が絶妙。ふしみ学園で企画広報を担当する植村美樹さん(49)は「何かを語りかけてくるような動物のまなざしに引きつけられる」と話す。

 色鉛筆で力強く描いた静物画などもあり、植村さんは「名刺を広げることで、作品そのものの魅力をより多くの人に知ってもらえれば。それがさらに多くの複製画を作る機会につながってほしい」と話している。

 展示は来月5日まで。名刺の問い合わせはふしみ学園075(603)1288。

【 2017年10月31日 09時45分 】

ニュース写真

  • 微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      秋田の川岸に子アザラシ
      愛らしい姿、見物客も

      20180117000130

       秋田県能代市を流れる米代川の岸辺で17日、子どものアザラシ1匹が見つかった。近隣の住民..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボクシング山中、3月に初防衛戦
      WBOミニマム級王者

      20180117000121

       世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級王者の山中竜也(真正)が3月18日に神戸ポートピ..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホのバーコードで決済
      ドコモが新サービス

      20180117000123

       NTTドコモは17日、バーコードや2次元コードを活用した決済サービスを4月に始めると発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アイヌ同化策に加担、教団の歴史直視 東本願寺で資料展示

      20180117000087

       京都市下京区の真宗大谷派本山・東本願寺にある参拝接待所ギャラリーで、同派とアイヌ民族と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大の被爆者標本、どこへ <持ち去られた被爆者資料>

      20180117000019

       歴史認識問題は現在もアジアの国際関係を揺さぶる。インターネット上では国境や民族とは何か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      決断の前、家族の思い交錯 <変わる生の形・脳死と救い>

      20180117000096

       交通事故にあったという電話を受けて病院に駆けつけると、妻はベッドの上で眠っているようだ..... [ 記事へ ]