出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

難病者の思いコントや歌で発信 京都で25日催し

フェスタで披露する歌を熱心に練習するメンバーたち(京都市右京区)
フェスタで披露する歌を熱心に練習するメンバーたち(京都市右京区)

 難病者の就労を支援するNPO法人「京都難病支援パッショーネ」(事務局・京都市右京区)は25日午後2時半から、難病者の思いや悩みをコントやオリジナルの歌で伝えるイベントを、同区のホテルビナリオ嵯峨嵐山で開く。「面白く、分かりやすく難病を伝えたい」と、当日に向けてメンバーが練習に励んでいる。

 メンバーのほとんどは当事者で、一般企業での実習支援や働く場の提供などを行う。少しのサポートで難病者も一般企業で働けることを知ってほしいと、昨年初めてイベントを企画。今年は「パッショーネフェスタ あえて言おう、難病であると」と銘打った。

 コントはメンバーの体験を基に3話を用意した。企業での面接やヘルプマーク、在宅・時短勤務の提案が演目で、難病に対する誤解を解き、ヘルプマークの周知を狙う。歌は、作詞から作曲、編曲まで全てがオリジナル。ポップな曲調に「必死に生きることの意味が分かったのだから」「未来に羽ばたけパッショーネ!」と、思いを乗せる。

 理事長の上野山裕久さん(50)は「企業の採用担当者や、難病についてよく知らない人に、気軽に足を運んでほしい」と話す。

 入場無料、申し込み不要。問い合わせは、パッショーネ075(366)6877。

【 2017年11月21日 08時47分 】

ニュース写真

  • フェスタで披露する歌を熱心に練習するメンバーたち(京都市右京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      裏合意疑惑の庁舎耐震工事解約へ 滋賀・彦根市

      20180524000189

       滋賀県彦根市は24日、地方自治法に違反する「裏合意」があったとされる市役所庁舎耐震整備..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日大、反則問題で従来の主張踏襲
      意図的指示せず、関学大に再

      20180524000133

       アメリカンフットボールの悪質な反則問題で、日本大は24日、危険なタックルに至った経緯な..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      北前船寄港地で日本遺産追加認定 京都・宮津で喜びの声

      20180524000207

       文化庁の日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」に追加..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]