出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

古墳の端を確認、推定全長3m伸びる 京都・京丹後

網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)

 京都府京丹後市教育委員会はこのほど、国史跡で日本海側最大の前方後円墳「網野銚子山古墳」(同市網野町)の発掘調査で、前方部の端(墳端)の可能性が高い場所を確認した、と発表した。これまで墳端とされていた場所より3メートル外側にあり、推定全長は従来の198メートルから201メートルになるという。25日に現地説明会を開く。

 前方部とくびれ部の計5カ所で調査を実施。そのうち前方部の1カ所で、長さ8~30センチの石5個が一列に並ぶように置かれているのを発見した。それらの石は墳丘の端に敷かれる「基底石」の可能性があるといい、昨年度調査で確定した後円部の墳端の位置から測ると、全長は201メートルと推定されるという。

 同古墳は古墳時代前期(4世紀末~5世紀前半)に築かれたとされ、被葬者は日本海側で交易などに携わった有力者と考えられている。これまで全長は1986年作製の地形測量図を基に198メートルと推定されていた。

 市教委は発掘調査を2019年度まで行い、20年度に古墳公園を整備する予定。文化財保護課は「古墳の正確な規模が分かってきた。成果を整備事業に生かしたい」としている。説明会は25日午後1時半に網野町の「ら・ぽーと」に集合。現地まで送迎車を運行する。同課0772(69)0640。

【 2017年11月25日 10時51分 】

ニュース写真

  • 網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      準備万端、県内各地で投票所設営 滋賀県知事選

      20180623000135

       滋賀県知事選の投開票を翌日に控えた23日、投票所の設営作業が県内各地の集会所や学校など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ポーランド監督「面白い試合に」
      W杯、コロンビア戦を前に

      20180624000003

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本と同じ1次リーグH組の..... [ 記事へ ]

      経済

      原油価格抑制へ増産で合意
      OPEC、非加盟国

      20180623000150

       【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の閣僚級会合が23日、ウィー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      庭に鳴き声とピアノの調べ 京都・法然院で共生の催し

      20180623000132

       生物との共生のため感性を育もうとする催し「感性と共感の環境学『ゼツメツキグシュノオト』..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]