出版案内
福祉事業団

「田舎暮らし魅力」民宿開業へ 京都・大江山の移住男性

収穫したソバの実を確かめる小澤さん。大江山の麓の自宅で来年、農家民宿を開業する(福知山市大江町佛性寺)
収穫したソバの実を確かめる小澤さん。大江山の麓の自宅で来年、農家民宿を開業する(福知山市大江町佛性寺)

 大江山の麓にIターンした京都府福知山市大江町佛性寺の農業小澤五男さん(62)が農家民宿「そばの実 おざわ」を来年、開業する。移住歴10年以上の経験を生かし、そば打ちやこんにゃく作りなどを体験できる宿にする計画で、「移住の先輩として田舎暮らしの魅力を伝えたい」と意気込んでいる。

 小澤さんは「田舎暮らしがしたい」と2005年、大阪府茨木市から銀行を早期退職して移住。富士山に近い静岡県御殿場市で育った小澤さんは、美しい空気や清流にひかれて大江山への移住を決め、ソバや米、野菜を育てている。

 農家民宿は、農林漁業を営む住民が自宅に有料で宿泊客を受け入れ、農作業や郷土料理づくりなどを体験してもらうことで近年、注目されている。

 大江山は鬼退治伝説で有名なほか、山頂付近では雲海を見ることができる。小澤さんは、大江町の暮らしや地域の魅力を伝えようと、旅館業法の簡易宿所の営業許可を取った。

 宿は、昭和30年代に建てられた自宅農家で、5人が宿泊できる部屋を用意。移住後に兵庫県で習ったそば打ちを中心に、キノコや野菜の収穫などが体験できる。1泊食事付き8千円で、食事は小澤さんと共同で調理する。

 まずは来年1月13、14日に市が大江山周辺で実施する移住体験ツアーの参加者を受け入れ、そば打ちで交流する。小澤さんは「冬場の雪解けを待って本格的に始めたい。収穫の喜びは何ものにも代え難く、宿泊が移住のきっかけにもなれば」と話す。宿泊の問い合わせは小澤さん090(5162)3702。

【 2017年12月28日 17時00分 】

ニュース写真

  • 収穫したソバの実を確かめる小澤さん。大江山の麓の自宅で来年、農家民宿を開業する(福知山市大江町佛性寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      清宮は1軍スタート
      日ハム、キャンプ振り分け

      20180117000095

       日本ハムは17日、春季キャンプの1、2軍の選手振り分けを発表し、注目のドラフト1位新人..... [ 記事へ ]

      経済

      冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

      20180117000083

       京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の町工場から世界へ インテリアの「パリ・コレ」初出展

      20180117000051

       フランス・パリで開かれる世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」(19~2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      決断の前、家族の思い交錯 <変わる生の形・脳死と救い>

      20180117000096

       交通事故にあったという電話を受けて病院に駆けつけると、妻はベッドの上で眠っているようだ..... [ 記事へ ]