出版案内
福祉事業団

縄文晩期の竪穴住居出土 京都・城陽の遺跡で市内初

縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)

 京都府城陽市教委は10日、同市富野の小樋尻遺跡で、市内で初めて縄文晩期(2300~3千年前)の集落跡を確認した、と発表した。他時代の集落跡や耕作地跡も見つかり、「各時代の平野部の土地利用を知る貴重な資料」としている。

 同遺跡は1996年に確認され、今回は市消防本部の移転先約3500平方メートルを調査した。縄文晩期の竪穴住居跡は2棟で、直径6・5メートルと同5メートルの円形。縄文土器片や遺体を埋葬したとみられるかめなどが出土した。近くの丘陵地にある森山遺跡では縄文後期(4千年前)の住居跡が確認されているが、市内平野部では今回が最古という。

 古墳前後期、飛鳥、奈良など各時代の集落跡も見つかり、いずれも周囲の湿地より高い土地を活用していた。以降の集落跡遺構は発見されず、盛り上げた土地の形状から、遅くとも中世からは耕作地として用いられたとみている。

 市教委は「一帯には小規模な集落が点在していたのではないか。現代につながる平野部の人々の営みが垣間見える」としている。

 13日午後1時から現地説明会を開く。小雨決行。場所は市消防本部の南約160メートル。問い合わせは市教委文化財係0774(56)4049。

【 2018年01月11日 09時30分 】

ニュース写真

  • 縄文晩期の竪穴住居跡を示す市教委職員+(城陽市富野・小樋尻遺跡)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンブルガーSVに新監督
      酒井高、伊藤が所属

      20180122000218

       サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは22日、現役..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、18年は1・2%成長
      IMF、予想を上方修正

      20180122000222

       【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は22日、世界経済見通しを改定し、日本の実質経..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]