出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ヒトの祖先、いきなり二足歩行? 京大、従来説に異論

従来と今回の説
従来と今回の説

 ヒトの直立二足歩行は、手のひらを地面につけるサルの四足歩行から直接進化した、とする研究結果を、京都大理学研究科の森本直記助教らのグループがまとめた。ヒトの歩行は、チンパンジーやゴリラなどのように指の背を地面につける「ナックル歩行」から進化したとする従来の学説とは異なる内容で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで31日発表した。

 ヒトに最も近い類人猿であるチンパンジー、次に近いゴリラはともにナックル歩行をしているため、ヒトも二足歩行の前段階ではナックル歩行をしていたとする学説が有力だが、否定する研究者もいて結論は出ていない。

 グループは、0歳から大人までのチンパンジー、ゴリラの膝の骨である大腿(だいたい)骨の標本をコンピューター断層撮影し、立体構造が年齢を経るにつれてどう変化するかを詳細に分析した。チンパンジーとゴリラの共通祖先がナックル歩行をしていたとすると、両者の変化パターンには共通性があると考えられるが、解析結果は大きく異なっており、両者の共通祖先は普通の四足歩行であることが示唆された。

 また、最も初期の人類であるラミダス猿人は、化石資料の分析から二足歩行だが、ナックル歩行の特徴を示さないという研究報告もあることから、ヒトの祖先はナックル歩行をしていなかった可能性が高いという。森本助教は「体の発生パターンを比較する今回の手法を用いて、ヒトの起源にさらに迫りたい」と話している。

【 2018年01月31日 22時00分 】

ニュース写真

  • 従来と今回の説
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      公開請求2カ月放置、廃棄後に「不存在」通知 京都のいじめ日誌

      20180524000030

       京都府福知山市の中学校がいじめに関して情報公開請求されていた学校日誌などを廃棄していた..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      一部公道試験の再開断念
      米ウーバーの自動運転車

      20180524000021

       【ニューヨーク共同】自動運転車の開発を目指している米配車大手ウーバー・テクノロジーズが..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      近江神宮の「流鏑馬」深く学ぼう 6月講座、非公開神事参列も

      20180524000027

       近江神宮(大津市神宮町)で6月3日に催される「流鏑馬(やぶさめ)」をより深く学ぶ「やぶ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]