出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

演歌は「日本の心」か 実は1970年前後に誕生

CD販売店の演歌コーナー。演歌がまとってきた「日本の心」のイメージは薄れていくのだろうか(京都市中京区河原町通蛸薬師上ル・清水屋)
CD販売店の演歌コーナー。演歌がまとってきた「日本の心」のイメージは薄れていくのだろうか(京都市中京区河原町通蛸薬師上ル・清水屋)

 演歌は「日本(人)の心」を映す。そんなイメージはいつ、どうやって定着したのか。日本音楽学会西日本支部のシンポジウムが京都市上京区の同志社女子大であり、研究者が議論した。日本で古くから受け継がれてきたかに見える演歌だが、実は1970年前後に音楽産業の仕掛けや当時の時代性が絡み合って「創られた」と報告された。

 ■藤圭子のヒットで新ジャンルに

 シンポではまず大阪大の輪島裕介准教授が語った。輪島氏は自著「創られた『日本の心』神話」(2010年)で明治・大正期に「歌による演説」を意味した演歌の流れは昭和の流行歌で断絶したと指摘した。しかし、70年前後に藤圭子のヒットでレコード会社が新たなジャンルとして「演歌」を打ち出した。経済成長への疑問や60年安保以降の反体制思潮も背景に、やくざやチンピラ、ホステスといった「健全なお茶の間の公序良俗」から危険視される存在に日本の庶民性や大衆性を見いだす言説が広がり、演歌に「日本的」というイメージが成立したと分析した。

 「映画で知る美空ひばりとその時代」の著書がある山口大の斎藤完准教授は、もともとジャズやブギウギ、ロカビリーなど雑多なジャンルを歌っていた美空ひばりも70年代に自らの歌を演歌と語るようになり、「演歌の女王」と呼ばれるようになったと指摘。演歌と日本的イメージの接合に貢献した可能性に触れた。

 ■アイドルが継承

 輪島氏は、著書刊行以降の動きとして、大物演歌歌手の“脱”演歌傾向が顕著になっていると話した。八代亜紀がジャズを歌い、石川さゆりが椎名林檎の曲を歌った。さらにNHKの紅白歌合戦から北島三郎や森進一が「引退」し、紅白の曲も演歌の新曲が減っているとし、代わってSMAP解散やAKB選抜総選挙がまるで国民的な関心事のように扱われていることから、「演歌がまとうナショナルなイメージが薄れ、アイドルナショナリズムが勃興(ぼっこう)している」と説明した。

 演歌=日本的というイメージは消え始めているのだろうか。大阪市立大の増田聡准教授は、最近の紅白で新曲が減っているのは演歌に限らないと指摘。東日本大震災以降、「絆」を確認しやすい懐メロが選ばれているとした。こうしたことから、演歌が従来まとった伝統的要素が退く一方、哀調や昔を懐かしむ歌詞世界に表れるような「レトロスペクティブ(過去を振り返ること)の部分が前に出てきている」と指摘した。

【 2018年02月01日 18時10分 】

ニュース写真

  • CD販売店の演歌コーナー。演歌がまとってきた「日本の心」のイメージは薄れていくのだろうか(京都市中京区河原町通蛸薬師上ル・清水屋)
  • 演歌のイメージについて議論する研究者たち(京都市上京区・同志社女子大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イラン、スペイン戦へ「高揚」
      第2戦へ会見「ハードワークで

      20180620000001

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)で1次リーグB組のイランを率いるケイロス..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]