出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

こうの史代さんの新聞小説挿絵 京都・福知山で原画展

展示する「荒神」の原画を手にするこうのさん(福知山市下新・まぃまぃ堂)
展示する「荒神」の原画を手にするこうのさん(福知山市下新・まぃまぃ堂)

 京都府福知山市在住の漫画家こうの史代さん(49)が挿絵を手がけた新聞小説の原画展が、同市下新のギャラリー&カフェ「まぃまぃ堂」で開かれている。市内での原画展は初めてで、水彩の柔らかいタッチで描かれた作品が楽しめる。

 作品は、2013年から14年にかけて、新聞連載された作家宮部みゆきさんのファンタジー時代小説「荒神(こうじん)」の挿絵。江戸時代の東北にある小さな村に、突如現れた化け物と人々の姿を描いた物語で、2月からドラマ化も決まっている。

 会場には、制作時を振り返るこうのさんのコメントとともに、全挿絵など408点の複製画と原画10点を展示。こうのさんは「ずっと原画展をやりたいと思っていた。小さな規模の場所で、ゆっくり楽しんでもらうのが私の作品の役割。小説を知らない人も、気楽に見てほしい」と話す。

 こうのさんは、16年に映画化されヒットした太平洋戦争前後の広島県呉市で懸命に生きる庶民の日常を描いた「この世界の片隅に」や、被爆者と被爆2世の葛藤をつづった「夕凪(ゆうなぎ)の街 桜の国」などで知られる。

 展覧会は2月25日まで。午前11時~午後7時。日、月曜は休み。

【 2018年02月06日 16時50分 】

ニュース写真

  • 展示する「荒神」の原画を手にするこうのさん(福知山市下新・まぃまぃ堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      辞意より原因の究明を
      スポーツ庁の鈴木長官

      20180521000003

       アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]