出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「偏見とは」車いす部員の体験、演劇に 京都・朱雀高

青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)
青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)

 京都市中京区の朱雀高演劇部が、近畿大会で最優秀賞を受賞し、8月に長野県で開かれる全国大会に出場する。車いすに乗る筋ジストロフィーの2年男子部員の体験を基にしたストーリーで、「偏見とは」「本当の幸せとは何か」と投げかける。今月は市内で2回公演する。

 タイトルは「青春讃夏-僕らの時間」。中学の演劇部が舞台で、人数が少なくて困っている部に「新入部員が来る」と知らせが入る。部員たちは期待を膨らませるが、新入部員は障害がある生徒がいる「育成学級」の生徒と聞いて戸惑い、ぶつかりながら演劇を作り上げるストーリー。

 主役を演じるのは前田涉吾さん(17)。昨年5月に脚本の案を出し合う際、自身が病気や車いすを理由に小、中学校で嫌な思いをした体験を書き出したノートを部員に見せた。

 前田さんは「過去のことを思い出すから病気について知られたくない」と、それまでは病気について伝えていなかった。しかし温かい雰囲気の演劇部を信頼して打ち明け、「同じ障害の人を元気づけたい」と劇にすることになった。部員たちは偏見や障害者への差別について考えを出し合い、脚本にまとめた。

 劇では、車いすでも動きやすくするため、舞台セットはシンプルにした。振り付けは、演じる場面を実際に試し、「慣れていない人の車いすの押し方」や「急いで走ってぶつかりそうになる」などをリアルに表現するよう努めた。

 全国大会に向けて前田さんは「本当の幸せは、障害の有無は関係ないと伝えたい」と話し、部員たちは「楽しんだもの勝ち。一番いい劇をしたい」と笑い合う。

 12日は京都芸術劇場春秋座(左京区)で開かれる「演じる高校生」で公演する(入場料一般1500円)。18日は府立文化芸術会館(上京区)の「Kyoto演劇フェスティバル」で公演する(入場料が必要)。

【 2018年02月07日 18時00分 】

ニュース写真

  • 青春讃夏の一場面を練習する演劇部員たち(京都市中京区・朱雀高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      京都・京丹後で民家全焼 焼け跡から遺体

      20180425000045

       25日午前2時10分ごろ、京都府京丹後市大宮町周枳、男性(53)方から出火、鉄骨平屋約..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平安高時代ライバル「存在が特別」 衣笠祥雄さん死去

      20180425000022

       プロ野球広島で強打の内野手として一時代を築いた衣笠祥雄さん(京都市東山区出身)が死去し..... [ 記事へ ]

      経済

      対中貿易の交渉へ閣僚を派遣
      米大統領、通商代表ら

      20180425000026

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、ムニューシン財務長官とライトハイザー通商代..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大津・比叡平に初のお寺 古材活用「精神的豊かさ見つけて」

      20180425000034

       京都市中京区の明福寺がこのほど、飛地境内となる大津市比叡平3丁目に「叡智庵(えいちあん..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]