出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ピアノとビオラかやぶきに響く 26、27日京都で音楽会

初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区
初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区

 京都府南丹市日吉町のかやぶき音楽堂で26、27日、初夏恒例のかやぶきコンサートが開かれる。1989年から393回連続出演しているピアノ奏者カズコ・ザイラーさんが、ビオラの名手でドイツ在住のハイム・シュテラーさんと協演する。

 演目は、ブラームスの「ビオラソナタ第2番」と、シューベルトの「アルペジオーネソナタ」。カズコさんは昨年3月に亡くなった夫のエルンストさんと長年、ピアノデュオ曲を披露してきたが、ビオラ奏者と組む曲は初めてという。「両曲とも心に深く語りかける美しい曲ですが、弾くのはとても難しい。しっかり練習したい」と語る。

 シュテラーさんはオランダ出身の34歳。名指揮者の故クラウディオ・アバドさんに実力を認められ、2008年から名門オーケストラの首席奏者らを集めたルツェルン祝祭管弦楽団(スイス)のメンバーとして活躍。同楽団初となる昨秋の京都公演にも出演し、ビオラの国際コンクールでも優勝を重ねている。

 過去6回来日しており、「自然と建築物などの文化が融合した京都はとりわけ好きで、私の目指す音楽に通じるものがある。新緑に映えるかやぶき堂でも良い演奏ができそう」と、初舞台を心待ちにしている。

 26日午後3時、27日午前11時開演。音楽堂はJR山陰線胡麻駅から徒歩15分。期間中は演奏会に合わせて、同駅に一部の特急が停車する。2500円。申し込みはかやぶき音楽堂事務局の電話兼ファクス075(781)9003。またはホームページwww.kayabuki.comから。

【 2018年05月15日 17時30分 】

ニュース写真

  • 初協演を前に抱負を語るハイム・シュテラーさん(左)とカズコ・ザイラーさん=京都市左京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      京大立て看板撤去、撤回を要請 周辺住民、市条例改正も

      20180523000178

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして京都大が吉田キャンパス(左京区)周辺の立て看板を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

      20180523000210

       滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]