出版案内
福祉事業団
47NEWS

高浜原発5キロ圏外にヨウ素剤配布 京都府、舞鶴の4地区に

安定ヨウ素剤の事前配布を受ける住民たち=26日午後7時40分、舞鶴市成生、成生漁村センター
安定ヨウ素剤の事前配布を受ける住民たち=26日午後7時40分、舞鶴市成生、成生漁村センター

 京都府と舞鶴市は26日、関西電力高浜原発(福井県高浜町)の5キロ圏に近い同市の大浦半島北部4地区の住民に安定ヨウ素剤の事前配布を始めた。府内の原発5キロ圏外での事前配布は初めて。ヨウ素剤を受け取った住民からは、原発事故への不安や、再稼働に反対する声が相次いだ。

 成生(なりう)、大山、野原、田井の各地区。避難道が原発から5~6キロの場所を通過するため、市は5キロ圏の予防的防護措置準備区域(PAZ)と同様、原発重大事故時に即時避難する地区に指定。対象は計196世帯546人(1日現在)。うち10人の3歳未満の乳幼児は錠剤服用が認められていないため、事故後に液剤を調製して配布する。

 この日は午後7時から成生地区の施設で地区住民に府中丹東保健所の医師がヨウ素剤の効用や服用方法などを説明。保健師と薬剤師が住民一人一人と面談し、持病などを確認した上で、21世帯50人に専用ケースの錠剤を渡した。

 中川典幸さん(60)は「原発が安全なら配る必要がない。事故が起きれば地区の存亡にかかわる。ヨウ素剤を受け取ったからといって再稼働は容認できない」と話し、漁業の男性(58)は「事故が起きれば漁業にとって死活問題。仕事が奪われてしまう」、地区の女性(65)は「再稼働しないほうが安心して暮らせる」とそれぞれに再稼働に反対した。小学生と高校生の家族がいる川中慶行さん(37)は「再稼働が近いのかなと感じた」とし、実効性のある避難計画を行政に求めた。

 9月6日まで各地区で事前配布を行う。大浦半島北部は一昨年の台風18号で避難道となる府道の一部が土砂崩れで通行止めになっており、福島原発事故のような複合災害への対応が大きな課題となっている。

 PAZ圏内の松尾、杉山の両地区では住民登録している32世帯64人を対象に昨年12月から事前配布、うち59人が受け取っている。

【 2015年08月27日 08時40分 】

ニュース写真

  • 安定ヨウ素剤の事前配布を受ける住民たち=26日午後7時40分、舞鶴市成生、成生漁村センター
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      前田は6回1/3を2失点
      Dバックス戦

      20160730000079

       ▽ドジャース―ダイヤモンドバックス(29日・ロサンゼルス) ドジャースの前田は先発で6回..... [ 記事へ ]

      経済

      夏も日本酒! 関西中心20蔵を飲み比べて 京都で初のフェス

      20160730000032

       日本酒の魅力を伝える「平安日本酒フェスティバル」が31日午前10時から午後4時まで、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      見られる社会の怖さを表現 大津・成安造形大で異色の展示

      20160730000036

       監視社会やプライバシー流出をテーマにした展示が、大津市仰木の里東4丁目の成安造形大で開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中部大のチョウ専門資料館が開館
      研究家が22万匹寄贈、名古

      20160730000060

       中部大は30日、名古屋市中区に「中部大学蝶類研究資料館」を開館した。チョウ研究家で元慶..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツ訪問
      静かに祈り、生存者と面会

      20160729000150

       【オシフィエンチム共同】ローマ法王フランシスコは29日、ポーランド南部オシフィエンチム..... [ 記事へ ]