出版案内
福祉事業団
47NEWS

太秦萌ちゃん人気、全国級に 京都市地下鉄の美少女キャラ

地下鉄応援キャラの松賀咲、太秦萌、小野ミサ(左から)。ポスターなどで活躍している。
地下鉄応援キャラの松賀咲、太秦萌、小野ミサ(左から)。ポスターなどで活躍している。

 京都市営地下鉄の応援キャラクター「太秦萌(うずまさもえ)」ら3人の人気が各地に広がりつつある。大手出版社が9月に小説化を決定し、神戸市の私鉄は萌らの活躍をまねて、美少女キャラを誕生させた。もともと経営難から「金をかけないPR策」として市職員の妻が原画を描いたのが始まりで、市交通局は「予想外としか言いようがない」と驚いている。

■原画は市職員の妻

 応援キャラは萌のほか、松賀咲(まつがさき)、小野ミサ。名前は地下鉄駅にちなむ。若手職員グループの発案で生まれた。当初は予算がなく、学生時代に漫画家を目指していた職員の妻が無償でデザインした。2011年5月にポスターに登場後、注目を浴び、13年度にプロのイラストレーターにリメークを依頼した。

■ライトノベルに

 講談社(東京都)は、京都府内在住の新人作家に依頼し、ライトノベル「京・ガールズデイズ 太秦萌の九十九戯曲(つくもぎきょく)」を9月に発売する。3人が地下鉄などを舞台に怪事件を解決する内容で、編集担当者は「家族構成など人物設定が充実し、他社のキャラとは異なるストーリー性があった」。交通局は無料でキャラの使用許可を出して協力する。

■神戸からも便乗提案

 また神戸市の新神戸-谷上間(7・5キロ)で運行する北神(ほくしん)急行は、同局を参考にした増客策を練り、昨年11月に北神弓子(きたがみきゅうこ)という美少女キャラを生み出してPRを始めた。同社は「うちも経営難。職員のアイデアを生かした成功例を見習いたい」とし、萌と弓子の合同企画を提案する。

■ふざけていると言われたが…

 市営地下鉄は全国一厳しい経営状況で、萌が登場した当初は「ふざけている場合か」と冷めた声もあった。しかし、観光客数の増加もあり、登場前に比べ1日当たりの乗客数は3万人増加し、赤字は10分の1に縮小した。同局は「若手職員に熱意が生まれたのは確か」と強調する。原作者の職員の妻は「筆をとった当初はこれほど展開するとは思わなかった。今は萌ちゃんの一ファンとして応援してます」と喜んでいる。

【 2015年08月27日 17時00分 】

ニュース写真

  • 地下鉄応援キャラの松賀咲、太秦萌、小野ミサ(左から)。ポスターなどで活躍している。
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      野村、宮里美は序盤パー
      全英女子ゴルフ

      20160730000137

       【ミルトンキーンズ(英国)共同】女子ゴルフのメジャー第4戦、全英リコー女子オープンは3..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパー競争激化 京都・長岡京で出店、改装続々

      20160730000125

       京都府の長岡京市内でスーパーの新規出店や改装が相次いでいる。交通の便が良く、商品配送も..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チェコ市民が狂言披露 京都駅ビルで「プラハの夕べ」

      20160730000133

       京都市とチェコ・プラハ市の姉妹都市20年を記念する「プラハの夕べ」が京都市下京区の京都..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「森の保全へ環境教育を」 京都協会10周年記念シンポ

      20160730000144

       住民参加の森林づくりを進める「京都モデルフォレスト協会」の10周年記念シンポジウムが3..... [ 記事へ ]

      国際

      「カリフ制導入」が狙いと指摘
      トルコ反乱で駐日大使

      20160730000111

       トルコのメリチ駐日大使は30日までに共同通信の取材に応じ、トルコ政府がクーデター未遂事..... [ 記事へ ]