出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都・先斗町からブラックバイトなくせ 労使が共同声明

地域からブラックバイトをなくすための共同声明を発表した先斗町のれん会の柴田会長(右)とブラックバイトユニオンの坂倉事務局長(京都市上京区の京都府庁)
地域からブラックバイトをなくすための共同声明を発表した先斗町のれん会の柴田会長(右)とブラックバイトユニオンの坂倉事務局長(京都市上京区の京都府庁)

 京都市中京区の繁華街・先斗町の飲食店経営者でつくる「先斗町のれん会」と労働者支援組織「ブラックバイトユニオン」(東京都)は24日、長時間勤務や過剰な責任を押しつけるブラックバイト問題を地域からなくすため、協力することを盛り込んだ共同声明を発表した。今後は先斗町で共同声明の周知を図るほか、「外部講師を招いて問題を話し合う場も設けていきたい」という。

 同ユニオンによると、先斗町の飲食店で働いていた男子学生が「試験勉強のため休みたい」と申し出たところ、その後勤務させてもらえなくなり、相談してきたことがきっかけ。店側は「解雇した認識はない」と主張。未払い残業代の請求にも応じず、団体交渉が続いている状況という。

 問題の拡大を防ぐ取り組みをしようと考えたユニオンが、先斗町のれん会に声明発表を持ち掛けた。声明では、学生バイトを「先斗町を支える大切なパートナー」とし、男子学生の問題を深刻に受け止め、ブラックバイトをなくすために協力していくとしている。

 同日、京都市上京区の京都府庁で、両団体が会見した。同会の柴田京子会長は「学生バイトを大事にしてきた先斗町の文化を守らなければならない」と訴え、同ユニオンの坂倉昇平事務局長は「大学のまちである京都から共同声明を出せたのは大きな意味がある」と語った。

【 2015年09月24日 22時40分 】

ニュース写真

  • 地域からブラックバイトをなくすための共同声明を発表した先斗町のれん会の柴田会長(右)とブラックバイトユニオンの坂倉事務局長(京都市上京区の京都府庁)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      トランポリン代表、五輪へ出発
      伊藤「記録塗り替えたい」

      20160729000072

       リオデジャネイロ五輪に出場するトランポリンの日本代表が29日、成田空港から出発した。2..... [ 記事へ ]

      経済

      古民家活用、オフィスに期待 京都・南丹で民間2社が拠点

      20160729000055

       空き家となっている古民家を活用し、企業や団体のサテライトオフィスを誘致していた南丹市美..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      蕪村生誕300年記念、屏風や掛け軸展示 京都・江山文庫

      20160729000060

       江戸時代の俳人で画家の与謝蕪村の生誕300年を記念した特別展「蕪村屏風(びょうぶ)をの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、ミサ中に転ぶ
      ポーランド、けがなし

      20160729000040

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコ(79)が28日、ポーランド南部チェンストホバで..... [ 記事へ ]