出版案内
福祉事業団
47NEWS

警官のストレス、看護師より低い? 京都の女子大生調査

下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)
下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)

 京都府警の所轄署員のストレスはどの年代でも変わらない-。下鴨署員を調査した京都ノートルダム女子大(京都市左京区)の調査でこんな結果が浮かび上がってきた。先行研究のある看護師と比較すると、ストレスを示す度合いは大幅に低かった。監修した教授は「組織的にストレスが集中しないようにできているのではないか」と推測する。

 調査したのは、9月に下鴨署にインターンシップをしていた京都ノートルダム女子大心理学部3年の学生4人。河瀬雅紀教授ら計4人の教員も監修した。過度で持続的なストレスを受けた際、対処できず疲れ果ててしまう「バーンアウト」の状態を調べるのが目的。

 署員130人(全署員195人、回収率66・6%)からアンケートを回収した。「我を忘れるほど仕事に熱中することがある」「体も気持ちも疲れ果てたと思うことがある」「仕事の結果はどうでもよいと思うことがある」など17問を「いつもある」「しばしばある」など5段階で尋ねた。

 アンケート結果では、ストレスの強さを示す「バーンアウト得点」に勤務年数による差はなかった。ストレスについての自由記入では「仕事の進捗状況が悪いとき」がどの年代でも最も多かった。また、30代以上では「意思の疎通を図れないとき」が目立った。

 アンケートを得点化し解析すると、無気力の度合いを示す「情緒的消耗感」、人間関係に投げやりになる「脱人格化」、やる気を失う「個人的達成感の後退」の三つの尺度いずれも、調査事例のあった看護師と比べて、同署員の数値は低かった。

 学生は「看護師は常に患者の気持ちに寄り添う配慮が求められるが、(ストレス)解決に向けて直接的行動が必ずしも取れない。警察官の方が、仕事の区切りがつくため達成感が強くなるのでは」と考察した。

 調査に関わった高井直美教授(発達心理学)は「下鴨署が特別にいいのか分からないが、職場として健康だと思う。年齢を重ねても得点が悪くはならず、成熟できる職場だとわかる」と語る。

【 2015年11月04日 15時00分 】

ニュース写真

  • 下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ジョコビッチが肘故障で欠場
      中国オープン

      20160929000006

       男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が28日、自身の公式サ..... [ 記事へ ]

      経済

      OPEC、増産凍結見送りも
      非公式会合 イラン同意せず

      20160929000004

       【アルジェ共同】石油輸出国機構(OPEC)は28日、アルジェリアの首都アルジェで原油の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      インド・ムガール帝国宝飾美の軌跡 滋賀・甲賀で特別展

      20160928000179

       王族たちが作らせてきたインドの宝飾文化を紹介する2016年秋季特別展「ムガール皇帝とマ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      カラフルに子どもたちの力作ズラリ 京都市美術館で市立校作品展

      20160928000171

       京都市立学校に通う子どもの作品展が28日、左京区の市美術館で始まった。絵画や書道など力..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、焦りと防戦
      クリントン氏陣営は余裕

      20160928000146

       【ワシントン共同】2016年米大統領選で最初の候補者討論会から一夜明けた27日、共和党..... [ 記事へ ]