出版案内
福祉事業団
47NEWS

警官のストレス、看護師より低い? 京都の女子大生調査

下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)
下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)

 京都府警の所轄署員のストレスはどの年代でも変わらない-。下鴨署員を調査した京都ノートルダム女子大(京都市左京区)の調査でこんな結果が浮かび上がってきた。先行研究のある看護師と比較すると、ストレスを示す度合いは大幅に低かった。監修した教授は「組織的にストレスが集中しないようにできているのではないか」と推測する。

 調査したのは、9月に下鴨署にインターンシップをしていた京都ノートルダム女子大心理学部3年の学生4人。河瀬雅紀教授ら計4人の教員も監修した。過度で持続的なストレスを受けた際、対処できず疲れ果ててしまう「バーンアウト」の状態を調べるのが目的。

 署員130人(全署員195人、回収率66・6%)からアンケートを回収した。「我を忘れるほど仕事に熱中することがある」「体も気持ちも疲れ果てたと思うことがある」「仕事の結果はどうでもよいと思うことがある」など17問を「いつもある」「しばしばある」など5段階で尋ねた。

 アンケート結果では、ストレスの強さを示す「バーンアウト得点」に勤務年数による差はなかった。ストレスについての自由記入では「仕事の進捗状況が悪いとき」がどの年代でも最も多かった。また、30代以上では「意思の疎通を図れないとき」が目立った。

 アンケートを得点化し解析すると、無気力の度合いを示す「情緒的消耗感」、人間関係に投げやりになる「脱人格化」、やる気を失う「個人的達成感の後退」の三つの尺度いずれも、調査事例のあった看護師と比べて、同署員の数値は低かった。

 学生は「看護師は常に患者の気持ちに寄り添う配慮が求められるが、(ストレス)解決に向けて直接的行動が必ずしも取れない。警察官の方が、仕事の区切りがつくため達成感が強くなるのでは」と考察した。

 調査に関わった高井直美教授(発達心理学)は「下鴨署が特別にいいのか分からないが、職場として健康だと思う。年齢を重ねても得点が悪くはならず、成熟できる職場だとわかる」と語る。

【 2015年11月04日 15時00分 】

ニュース写真

  • 下鴨署での調査結果について話し合うインターンシップ参加学生(京都市左京区・京都ノートルダム女子大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      白鵬、井筒親方に謝罪
      駄目押しで左脚骨折

      20160524000128

       大相撲夏場所で37度目の優勝を飾った横綱白鵬が24日、東京都墨田区の井筒部屋を訪れ、3..... [ 記事へ ]

      経済

      新関空会社、純利益5割増
      有利子負債は455億円減

      20160524000130

       新関西国際空港会社が24日発表した2016年3月期連結決算は、売上高が前期比20・0%..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・伊根湾、夜光虫ツアー脚光 町の新たな観光資源に

      20160524000066

       京都府伊根町の伊根湾で、夜の海面を幻想的に彩る夜光虫を遊覧船から観賞するツアーが人気を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲンゴロウ、湖国「絶滅」 滋賀県レッドデータブック

      20160523000165

       かつて滋賀県内のため池や水田に数多く生息していた水生昆虫のゲンゴロウが、県がまとめた「..... [ 記事へ ]

      国際

      トランプ氏、支持率逆転し優位に
      クリントン氏を初リード

      20160524000124

       【ワシントン共同】米大統領選の各種世論調査平均値で、共和党候補指名が確実な実業家トラン..... [ 記事へ ]