出版案内
福祉事業団
47NEWS

原発安全協定、段階的に 高浜めぐり滋賀知事と2市長

高浜原発をめぐる安全協定
高浜原発をめぐる安全協定

 滋賀県の三日月大造知事と高島市の福井正明市長、長浜市の藤井勇治市長が13日会談し、高浜原発(福井県高浜町)に関する安全協定を関西電力との間で早期に結ぶ方針を確認した。立地自治体並みの権限を求める立場を強調しつつ、「すぐに考えが通らない現実」(三日月知事)と折り合いをつけるため、段階的に内容を充実させる方向で締結へ踏み出すことになった。

 3氏は同日、大津市の県公館で意見交換した。会合後の記者会見で三日月知事は、立地自治体並みに同意権などが必要との立場で県と2市は一致しているとした上で、「何らかのかたちで協定を結び、今後につなげる必要性も議論した。私たちの主張を踏まえて(関電から)回答があると思うし、そうならない場合の対応も判断しなくてはいけない」と述べ、協議が大詰めにあることを示唆した。

 県と2市は高浜以外の福井県内の原発に関して2013年に協定を締結した。当時は高浜原発について、協定よりも自治体の権限が弱い内容を提示され、締結に至らなかった経過がある。一方、原発5キロ圏に舞鶴市が含まれる京都府が今年2月、関電との間で再稼働の同意権を含まない協定を締結した。

 現状では、立地自治体並みの権限を盛り込む協定締結は難しい状況で、福井市長は、美浜原発がある福井県美浜町に隣接していない長浜市が関電と協定を結んだ事例を挙げ、「『隣々接』の協定をスタートにして必要の都度、見直せばよい」との見解を示した。

 直接、今回の協定には加わらない藤井市長も「(立地自治体並みに)こだわると事業者が乗ってくれない。次善の策としての協定を結び、そこをスタートに活動していく」と述べ、締結を優先すべきとした。

 関電は高浜原発3、4号機を年明けにも再稼働させる計画。福井地裁が出した再稼働差し止めの仮処分に対する異議審は11月に審理を終えており、決定が覆れば再稼働が現実的となる。

【 2015年12月14日 22時40分 】

ニュース写真

  • 高浜原発をめぐる安全協定
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      欧州選手権、ポーランドが8強
      スイスとのPK戦制す、一番乗

      20160626000001

       【サンテティエンヌ(フランス)共同】サッカーの欧州選手権第14日は25日、フランスのサ..... [ 記事へ ]

      経済

      AIIB、新規参加受け付けへ
      中国主導銀の総裁表明

      20160625000092

       【北京共同】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・五花街“共艶”、初夏を華やかに 「都の賑い」開幕

      20160625000112

       京の五花街の芸舞妓による合同公演「都の賑(にぎわ)い」が25日、京都市東山区の祇園甲部..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ハロー!英語通じたよ 京都・大山崎、児童ら米の高校生と交流

      20160625000042

       米国カリフォルニア州のファウンテンバレー高の生徒7人と教員が24日、京都府大山崎町円明..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      恐竜時代の哺乳類骨格化石
      国内初発見、福井・勝山

      20160625000074

       福井県立恐竜博物館と福井県立大などは25日、同県勝山市の白亜紀前期(約1億2千万年前)..... [ 記事へ ]

      国際

      中ロ経済連携へ首脳会談
      試練に共に対応と習主席

      20160625000117

       【北京共同】中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は25日、北京の人民大会堂で会..... [ 記事へ ]