出版案内
福祉事業団
47NEWS

原発安全協定、段階的に 高浜めぐり滋賀知事と2市長

高浜原発をめぐる安全協定
高浜原発をめぐる安全協定

 滋賀県の三日月大造知事と高島市の福井正明市長、長浜市の藤井勇治市長が13日会談し、高浜原発(福井県高浜町)に関する安全協定を関西電力との間で早期に結ぶ方針を確認した。立地自治体並みの権限を求める立場を強調しつつ、「すぐに考えが通らない現実」(三日月知事)と折り合いをつけるため、段階的に内容を充実させる方向で締結へ踏み出すことになった。

 3氏は同日、大津市の県公館で意見交換した。会合後の記者会見で三日月知事は、立地自治体並みに同意権などが必要との立場で県と2市は一致しているとした上で、「何らかのかたちで協定を結び、今後につなげる必要性も議論した。私たちの主張を踏まえて(関電から)回答があると思うし、そうならない場合の対応も判断しなくてはいけない」と述べ、協議が大詰めにあることを示唆した。

 県と2市は高浜以外の福井県内の原発に関して2013年に協定を締結した。当時は高浜原発について、協定よりも自治体の権限が弱い内容を提示され、締結に至らなかった経過がある。一方、原発5キロ圏に舞鶴市が含まれる京都府が今年2月、関電との間で再稼働の同意権を含まない協定を締結した。

 現状では、立地自治体並みの権限を盛り込む協定締結は難しい状況で、福井市長は、美浜原発がある福井県美浜町に隣接していない長浜市が関電と協定を結んだ事例を挙げ、「『隣々接』の協定をスタートにして必要の都度、見直せばよい」との見解を示した。

 直接、今回の協定には加わらない藤井市長も「(立地自治体並みに)こだわると事業者が乗ってくれない。次善の策としての協定を結び、そこをスタートに活動していく」と述べ、締結を優先すべきとした。

 関電は高浜原発3、4号機を年明けにも再稼働させる計画。福井地裁が出した再稼働差し止めの仮処分に対する異議審は11月に審理を終えており、決定が覆れば再稼働が現実的となる。

【 2015年12月14日 22時40分 】

ニュース写真

  • 高浜原発をめぐる安全協定
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      バスケ、米国がベネズエラに快勝
      男子の練習試合

      20160730000072

       【ニューヨーク共同】リオデジャネイロ五輪で3大会連続の金メダルを狙うバスケットボール男..... [ 記事へ ]

      経済

      夏も日本酒! 関西中心20蔵を飲み比べて 京都で初のフェス

      20160730000032

       日本酒の魅力を伝える「平安日本酒フェスティバル」が31日午前10時から午後4時まで、京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      見られる社会の怖さを表現 大津・成安造形大で異色の展示

      20160730000036

       監視社会やプライバシー流出をテーマにした展示が、大津市仰木の里東4丁目の成安造形大で開..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中部大のチョウ専門資料館が開館
      研究家が22万匹寄贈、名古

      20160730000060

       中部大は30日、名古屋市中区に「中部大学蝶類研究資料館」を開館した。チョウ研究家で元慶..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツ訪問
      静かに祈り、生存者と面会

      20160729000150

       【オシフィエンチム共同】ローマ法王フランシスコは29日、ポーランド南部オシフィエンチム..... [ 記事へ ]