出版案内
福祉事業団
47NEWS

原発安全協定、段階的に 高浜めぐり滋賀知事と2市長

高浜原発をめぐる安全協定
高浜原発をめぐる安全協定

 滋賀県の三日月大造知事と高島市の福井正明市長、長浜市の藤井勇治市長が13日会談し、高浜原発(福井県高浜町)に関する安全協定を関西電力との間で早期に結ぶ方針を確認した。立地自治体並みの権限を求める立場を強調しつつ、「すぐに考えが通らない現実」(三日月知事)と折り合いをつけるため、段階的に内容を充実させる方向で締結へ踏み出すことになった。

 3氏は同日、大津市の県公館で意見交換した。会合後の記者会見で三日月知事は、立地自治体並みに同意権などが必要との立場で県と2市は一致しているとした上で、「何らかのかたちで協定を結び、今後につなげる必要性も議論した。私たちの主張を踏まえて(関電から)回答があると思うし、そうならない場合の対応も判断しなくてはいけない」と述べ、協議が大詰めにあることを示唆した。

 県と2市は高浜以外の福井県内の原発に関して2013年に協定を締結した。当時は高浜原発について、協定よりも自治体の権限が弱い内容を提示され、締結に至らなかった経過がある。一方、原発5キロ圏に舞鶴市が含まれる京都府が今年2月、関電との間で再稼働の同意権を含まない協定を締結した。

 現状では、立地自治体並みの権限を盛り込む協定締結は難しい状況で、福井市長は、美浜原発がある福井県美浜町に隣接していない長浜市が関電と協定を結んだ事例を挙げ、「『隣々接』の協定をスタートにして必要の都度、見直せばよい」との見解を示した。

 直接、今回の協定には加わらない藤井市長も「(立地自治体並みに)こだわると事業者が乗ってくれない。次善の策としての協定を結び、そこをスタートに活動していく」と述べ、締結を優先すべきとした。

 関電は高浜原発3、4号機を年明けにも再稼働させる計画。福井地裁が出した再稼働差し止めの仮処分に対する異議審は11月に審理を終えており、決定が覆れば再稼働が現実的となる。

【 2015年12月14日 22時40分 】

ニュース写真

  • 高浜原発をめぐる安全協定
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本ハムがマジック1
      27日にも4年ぶりの優勝

      20160926000156

       パ・リーグは26日、首位日本ハムがオリックスに4―3で勝ち、2位ソフトバンクがロッテに..... [ 記事へ ]

      経済

      シーシーエス新社長に大西氏

      20160926000144

       シーシーエスは26日、各務嘉郎社長(69)が退任し、後任に大西浩之常務(51)を充てる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チョコ色香る着物 京都の和装デザイナー、丹後ちりめんで制作

      20160926000070

        チョコレートの原料のカカオ粉末を使って生地を染め、特有の香りも残した丹後ちりめんの着..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      乾電池で飛行、ギネスに挑戦
      パナと東海大、10キロ以上目標

      20160926000145

       パナソニックは26日、東海大の学生と組み、乾電池を動力源とした固定翼航空機による飛行距..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国検察、ロッテ会長逮捕状請求
      横領や背任容疑

      20160926000060

       【ソウル共同】韓国ロッテグループの裏金疑惑を捜査しているソウル中央地検は26日、創業者..... [ 記事へ ]