出版案内
福祉事業団

原発安全協定、段階的に 高浜めぐり滋賀知事と2市長

高浜原発をめぐる安全協定
高浜原発をめぐる安全協定

 滋賀県の三日月大造知事と高島市の福井正明市長、長浜市の藤井勇治市長が13日会談し、高浜原発(福井県高浜町)に関する安全協定を関西電力との間で早期に結ぶ方針を確認した。立地自治体並みの権限を求める立場を強調しつつ、「すぐに考えが通らない現実」(三日月知事)と折り合いをつけるため、段階的に内容を充実させる方向で締結へ踏み出すことになった。

 3氏は同日、大津市の県公館で意見交換した。会合後の記者会見で三日月知事は、立地自治体並みに同意権などが必要との立場で県と2市は一致しているとした上で、「何らかのかたちで協定を結び、今後につなげる必要性も議論した。私たちの主張を踏まえて(関電から)回答があると思うし、そうならない場合の対応も判断しなくてはいけない」と述べ、協議が大詰めにあることを示唆した。

 県と2市は高浜以外の福井県内の原発に関して2013年に協定を締結した。当時は高浜原発について、協定よりも自治体の権限が弱い内容を提示され、締結に至らなかった経過がある。一方、原発5キロ圏に舞鶴市が含まれる京都府が今年2月、関電との間で再稼働の同意権を含まない協定を締結した。

 現状では、立地自治体並みの権限を盛り込む協定締結は難しい状況で、福井市長は、美浜原発がある福井県美浜町に隣接していない長浜市が関電と協定を結んだ事例を挙げ、「『隣々接』の協定をスタートにして必要の都度、見直せばよい」との見解を示した。

 直接、今回の協定には加わらない藤井市長も「(立地自治体並みに)こだわると事業者が乗ってくれない。次善の策としての協定を結び、そこをスタートに活動していく」と述べ、締結を優先すべきとした。

 関電は高浜原発3、4号機を年明けにも再稼働させる計画。福井地裁が出した再稼働差し止めの仮処分に対する異議審は11月に審理を終えており、決定が覆れば再稼働が現実的となる。

【 2015年12月14日 22時40分 】

ニュース写真

  • 高浜原発をめぐる安全協定
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      高木美が1500で優勝
      スピードW杯最終日

      20161205000001

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦最終日は4日、カザフスタ..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「白樺日誌」図録をカラー化 京都・舞鶴のNPO、登録1年に改訂

      20161204000121

       国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されている「白樺..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・宇治田原の調理場が準優勝
      全国学校給食甲子園

      20161204000093

       地元食材を使って給食のおいしさや栄養価などを競う第11回「全国学校給食甲子園」の決勝大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「こうのとり」9日打ち上げ
      多彩な荷物、宇宙にお届け

      20161204000088

       国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」6号機が9日、鹿児島県の種子島..... [ 記事へ ]

      国際

      改憲問うイタリア国民投票、接戦
      「反既存政治」に勢い

      20161204000087

       【ローマ共同】イタリアで4日、上院の権限縮小を柱とする憲法改正の是非を問う国民投票が実..... [ 記事へ ]