出版案内
福祉事業団
47NEWS

痴漢被害、スマホでSOS 学生が性犯罪防止アプリ

府の防犯メールの文字情報を地図に置き換えて表示するアプリ画面
府の防犯メールの文字情報を地図に置き換えて表示するアプリ画面

 京都コンピュータ学院(京都市南区)の学生が、性犯罪防止を目的にしたスマートフォン用アプリの開発に取り組んでいる。痴漢被害を周囲の人にリアルタイムで知らせる機能や、不審者に遭遇した際の適切な回避策を学べるゲームなど若者の視点をいかした3種のアプリで、将来的に実用化を目指し、京都府警と共同で研究を続けている。

 京都府内では、窃盗などの刑法犯認知件数が年々減少する一方、強姦(ごうかん)や強制わいせつなど性犯罪の認知件数は毎年300件前後で推移し、痴漢や盗撮被害も後を絶たない。大学生以下が被害者の約半数を占める中、府警は若者の発想を防止策に取り入れようと、昨年5月から同学院の学生らと、研究開発チームを立ち上げた。

 痴漢被害を知らせるアプリは、電車やバスなどで痴漢に遭った際、ボタンを押せば、近くにいる人のスマホ画面に「痴漢されています」と通知し、助けを求める。通知を受ける側もアプリを取り入れていることが前提の仕組みだが、「声に出せないメッセージを届けられる」としている。

 他に開発しているのは、府が発信する防犯メールに記載された事件概要などの文字情報を地図上に示すアプリ。事件発生場所を分かりやすく表示して警戒を呼び掛ける。また、夜道で妖怪が登場するゲーム形式のアプリでは、「防犯ブザーを鳴らす」などの回避策を選択しながら、実際に不審者に遭遇した際の適切な判断や対応を学べるという。

 学生らは今後、実用化に向けて安全性や機能面の改良を進める。チームリーダーの足立嵩さん(22)=滋賀県高島市=は「操作性など使いやすいアプリを意識している。実用化され、性犯罪の抑止に役立てばうれしい」と話す。

【 2016年01月16日 16時00分 】

ニュース写真

  • 府の防犯メールの文字情報を地図に置き換えて表示するアプリ画面
  • 開発に取り組む性犯罪対策のアプリ機能を、京都府警の警察官(左)に説明する京都コンピュータ学院学生たち=京都市上京区・府警本部
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サンガ、今季初連敗 サッカーJ2

      20160626000123

       サッカーJ2第20節は26日、西京極陸上競技場などで11試合を行い、京都サンガFCは1..... [ 記事へ ]

      経済

      市場安定へG20の協調訴え
      中国、指導力発揮狙う

      20160626000089

       【天津共同】中国の李保東外務次官は26日、英国の欧州連合(EU)離脱問題をきっかけに混..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      キキョウ、晴れ間の彩り 京都・天得院

      20160626000116

       京都市東山区の東福寺塔頭・天得院で、キキョウが見頃を迎えている。連日の雨で深みを増した..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      大規模私大、定員増の動き 国の抑制策控え、京都の2校も

      20160626000005

       文部科学省による大規模大学の定員超過抑制策の本格導入を前に、大規模校(収容定員8千人以..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      群大手術死、医師に説明要求へ
      遺族会を結成

      20160626000103

       群馬大病院で男性医師(退職)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、一部の遺族らが..... [ 記事へ ]

      国際

      英遊園地で事故、7人負傷
      アトラクションが落下

      20160627000002

       【ロンドン共同】英BBC放送によると、北部スコットランドのグラスゴー近郊にある遊園地で..... [ 記事へ ]