出版案内
福祉事業団

ふなずし「最古のすし」説に疑義 滋賀の研究者ら

各研究者がふなずしの歴史を再検証した報告書(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
各研究者がふなずしの歴史を再検証した報告書(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 滋賀県の伝統食であるふなずしのルーツについて、各研究者が考察した報告書「みんなで語るふなずしの歴史」がこのほど発行された。「現在のふなずしは最古のすしの形態を残す」とする通説に疑義を唱え、琵琶湖周辺で独自に発達した調理法と捉える。「多様な進化こそがふなずし文化だ」としている。

琶湖博物館や大学の研究者ら7人が執筆した。

 ふなずしは奈良時代の木簡にも記され、多くの文献に登場する。江戸時代の料理書にはふなずしは冬に漬けたという記述もあり、夏に飯に漬ける現在の製法とは異なる。また重石を置く結桶(ゆいおけ)の普及は室町時代以降と推定され、それ以前は別の調理法だったという。

 報告書ではほかに、ふなずしをはじめとするなれずしがアジアでどのように広がっているかを解説。各家庭で異なるふなずしの調理法や味も論考した。

 県立琵琶湖博物館の橋本道範学芸員は「ふなずしは工夫を重ねて独自に発展したブランド。現在も各地でさまざまなこだわりがあり、全県的に調査して発信したい」と語る。

 報告書は四六判、295ページ。フォーラムの関係者や県内の図書館などに配布する。今年夏には報告書を基にした本も発行する予定。

【 2016年01月17日 12時38分 】

ニュース写真

  • 各研究者がふなずしの歴史を再検証した報告書(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ラグビー、五郎丸はメンバー外
      仏1部トゥーロン

      20161204000052

       ラグビーのフランス1部リーグ、トゥーロンは3日、ホームで4日午後4時15分(日本時間5..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      赤、朱、黄…去りゆく秋見つけた 京都・丹波

      20161204000042

       京都・丹波の秋を彩る紅葉も終盤を迎え、観光客らが名残惜しそうに、赤、朱、黄の共演を目に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      キューバ革命蜂起の地で追悼式典
      カストロ前議長の遺灰到着

      20161204000050

       【サンティアゴデクーバ共同】キューバの故フィデル・カストロ前国家評議会議長が1953年..... [ 記事へ ]