出版案内
福祉事業団

電子投票、普及は遠く 京都、廃止に惜しむ声なく

電子投票をやめたことを知らせる掲示が期日前投票の会場前に張られている(京都市東山区役所)
電子投票をやめたことを知らせる掲示が期日前投票の会場前に張られている(京都市東山区役所)

 前回の京都市長選まで上京区と東山区で導入されていた「電子投票」が7日投開票の今回から取りやめられ、投票用紙に候補者の名前を書く「自書式」投票に戻った。電子投票が国政選挙で実施されず、普及の見通しが立っていないため、京都市選挙管理委員会が撤退を決めた。両区の有権者からも「やはり、自分で名前を書く方がいい」との声が出ており、鳴り物入りで始まった電子投票が日本で普及する時代は遠そうだ。

 端末機器の画面上で候補者名をタッチする電子投票は、開票事務の効率化・迅速化を目的とし、将来の「インターネット投票」も見据えて地方選挙から解禁された。初導入は2002年6月の岡山県新見市長・市議選で、京都市も04年2月の市長選で東山区から始め、08年と12年の市長選では上京区にも拡大した。開票時間は大幅に短縮された。

 選挙区が複数自治体にまたがったり比例票を集計したりする国政選挙では電子投票の効果がより大きいとされるが、導入に向けた法案が08年に廃案となり頓挫した。岐阜県可児市議選では、システムトラブルで選挙が無効になる事態も起きた。

 上京、東山両区の有権者は前回市長選から今回までの4年間に、六つの選挙では自書式投票を行っている。前回の市長選が電子投票だったことさえ覚えていない人もおり、電子投票に慣れ親しんでいるとも言い難いようだ。

 市長選の期日前投票を済ませた両区の有権者らに尋ねると、上京区の女性(85)は「画面をタッチするやり方は分かりにくいし、不安だった」、東山区の女性(68)も「自分で書いた方が1票を入れた実感がある。何でも機械化するのはいかがなものか」などと、自書式に戻ったことを歓迎する意見が圧倒的だった。今のところ両区選管に、撤退を惜しむ声は特に寄せられていないという。

【 2016年02月02日 12時40分 】

ニュース写真

  • 電子投票をやめたことを知らせる掲示が期日前投票の会場前に張られている(京都市東山区役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      原口、長谷部らフル出場
      サッカー、ドイツ1部

      20161002000001

       【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグは1日、各地で行われ、原口元気のヘルタはホー..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の京都、現代アート彩る パリの祭典と連携

      20161001000133

       現代アートを街中で楽しむ一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が1日夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]

      国際

      邦人女性事件で捜査続く、カナダ
      古川さんの友人ら悲嘆

      20161001000114

       【バンクーバー共同】カナダに留学中、行方不明になった青森県出身の古川夏好さん(30)が..... [ 記事へ ]