出版案内
福祉事業団
47NEWS

敬老乗車証どうする? 京都市長選で論争

70歳以上のお年寄りが利用できる「敬老乗車証」の見本。京都市長選で各候補や選対がそれぞれの考えを訴えている(京都市下京区)
70歳以上のお年寄りが利用できる「敬老乗車証」の見本。京都市長選で各候補や選対がそれぞれの考えを訴えている(京都市下京区)

 京都市の市バスや市営地下鉄の運賃を高齢者向けに優遇する敬老乗車証制度をめぐり、市長選(7日投開票)の各候補者や選対が論争を繰り広げている。市は将来世代の財政負担を減らすために制度の見直しを検討していく方針だが、新人2候補は現状維持を主張。市民の間でも意見が割れている。

 敬老乗車証は70歳以上の市民に、所得に応じて年3千~1万5千円を払う「応能負担」で交付している。利用者は市バスや地下鉄、一部民間バスに無料で乗車できるが、本人負担を除く部分は市が支出している。財政難の市は2013年、一定回数を超える利用者から一定の運賃を取る「応益負担」への変更方針を公表しているが、導入時期は未定としている。

 市内の70歳以上人口は今後も増え、ピークとなる25年には約35万7千人と、14年時点から3割も増えると見込む。「14年度に約45億円だった市の負担額が右肩上がりで増える可能性が高い」(市長寿福祉課)

 1973年度に始まった敬老乗車証は当初、高齢者の負担なしで交付していたが、05年度から応能負担になった。伏見区の男性(90)は「市の財政を考えたら、将来の変更はやむを得ない。80歳を過ぎれば公共交通を使って出かける機会はそう多くない」と話す。一方、同区の男性(73)は「外出や交流で心身ともに元気に暮らす健康寿命の考え方を重視してほしい。家で引きこもる人を増やせば医療や介護の利用が増えてかえって財政負担が増えるのでは」と現状維持を求める。

 投票率が高い高齢者が関心を持つ政策だけに、各候補も訴えを強める。

 新人の三上隆候補(85)は現状維持の立場。同じく新人の本田久美子候補(66)を推薦する共産党は「9月以降、乗るたびに100円程度払う制度への改悪を明言」と、市が決めたように書いたチラシを配り、現状維持や将来の利用年齢引き下げを主張する。

 これに対し市は、時期や金額について「事実でない」と同党に訂正を要求。現職の門川大作候補(65)=自民党、民主党、公明党、社民党府連推薦=の選対幹部は、将来の制度変更を容認しつつも「変更の時期や負担の金額は決まっておらず、候補も市も発言していない。事実と異なるデマだ」と強く反発している。

【 2016年02月04日 16時00分 】

ニュース写真

  • 70歳以上のお年寄りが利用できる「敬老乗車証」の見本。京都市長選で各候補や選対がそれぞれの考えを訴えている(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ウィンブルドン日曜日に試合実施
      雨で競技進行が大幅に遅れ

      20160702000034

       【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権の主催者は1日、雨で競技進行が大幅に..... [ 記事へ ]

      経済

      ブルーベリー摘み取りに来て 京都・亀岡でNPO農園開園式

      20160702000038

       農業を通じて雇用の確保に取り組む京都府亀岡市のNPO法人「障害・高齢者就労支援センター..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      嶋左近=有能な官僚 書状2通発見、新人物像浮かぶ 滋賀・長浜

      20160701000197

       戦国武将、石田三成の重臣、嶋左近の書状2通が見つかったと、東京大史料編纂(へんさん)所..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      役になりきり自信の狂言 大津・長等小 能舞台で熱演

      20160701000050

       大津市大門通の長等小は30日、「狂言発表会」を同市園城寺町の市伝統芸能会館で開いた。は..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      アライグマ捕獲数急増 京都・乙訓地域、農作物被害広がる

      20160702000033

       京都府の乙訓地域でアライグマの捕獲数が増えている。昨年度は年間2匹だったが、本年度はす..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾誤射ミサイル、漁船が被弾
      1人死亡3人負傷

      20160701000164

       【台北共同】台湾国防部(国防省)は1日午後、同日午前に起きた海軍艦艇によるミサイルの誤..... [ 記事へ ]