出版案内
福祉事業団
47NEWS

犯罪予測システム、全国初導入 京都府警

予測型犯罪防御システム
予測型犯罪防御システム

 京都府警は、過去の犯罪傾向を分析して性犯罪やひったくりなどの発生を予測し、事件の未然防止を図る「予測型犯罪防御システム」を導入する。日々起きる犯罪情報を集積し、予測して防犯に役立てる全国初の取り組みで、10月から運用を始める。

 刑法犯認知件数が減少傾向の中、減少率が低い性犯罪や、窃盗などの街頭犯罪を未然に防ぐ新たな対策として、府警は昨年から同システムの開発に取り組んできた。

 システムは、実際に発生した犯罪のほか、犯罪に至らない児童らへの声かけ事案や不審者情報を一元的に集約して分析し、事件の発生を予測する。府警刑事企画課が、過去10年分の犯罪データや犯罪学の視点を活用し、性犯罪や車上狙い、ひったくりなどの犯罪を対象に発生日時や地域などを推測する。

 起きる可能性が高い犯罪情報が、時間帯やエリアに応じて地図上に表示される。1日に数回更新される情報を、府内全25署や各交番のパソコンから警察官が閲覧し、パトロールや防犯ボランティアの見守り活動などに生かす。一般市民には公開しない。

 府警は10月から本格的に同システムの運用を始める。5年間の計画で、随時、実績を検証し、精度を向上させる。府の新年度当初予算案に運用費など5900万円を盛り込んだ。

 同課は「担当部署を超えて集めた情報を生かし、犯罪が凶悪化する前に犯人逮捕につなげたい。効率的にパトロールし、府民の体感治安を高めたい」としている。

【 2016年02月10日 23時22分 】

ニュース写真

  • 予測型犯罪防御システム
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      全仏、A・ラドワンスカが敗退
      ストーサーは8強へ

      20160601000003

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第10日は31日、パリのローランギャロスで行われ、女子..... [ 記事へ ]

      経済

      ローソン、品ぞろえ1割増へ
      価格も手頃にと竹増新社長

      20160601000007

       コンビニ2位のローソンは国内全体の4分の3に当たる約9千店舗で、品ぞろえを6月末までに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハラール弁当味わおう 京都のインド料理店、三条京阪駅で販売

      20160531000076

       イスラム教の戒律にのっとって「ハラール」の認証を受けた食材で作った料理のおいしさを多く..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      投票や選挙、若者語り合う 京都で座談会、関心高める方策探る

      20160531000177

       選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる参院選に向け、京都府などの大学生、高校生によ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      娘の縫いぐるみ宇宙で活用
      大西さん、無重力確認に

      20160531000143

       【モスクワ共同】6月にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう予定の宇宙飛..... [ 記事へ ]

      国際

      加州知事、クリントン氏支持表明
      7日に予備選

      20160601000009

       【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補指名争いで、カリフォルニア州のブラウン知事(民..... [ 記事へ ]