出版案内
福祉事業団

西陣の今、光と影映す 京都の男性撮影、850枚CDに

変わりゆく西陣の今を撮影した辻良一さん(左)と妻富支子さん=京都市上京区
変わりゆく西陣の今を撮影した辻良一さん(左)と妻富支子さん=京都市上京区

 織物産業の中心地「西陣」の一年を捉えた約850枚の写真を収めたCDを、京都市上京区の男性が作成した。祭事や伝統を受け継ぐ業者の姿など「光」の部分だけでなく、経営不振から廃業し建物が解体されていく「影」も撮影した。男性は「西陣の今の全てが分かるものを目指した」と話す。

 上京区で生まれ育った辻良一さん(74)で、長年親しんできた光景が失われていくのを見るうち、「西陣とはこんなところだったのか、と後世思われる写真を残したい」と思い立った。

 金属加工会社に勤務していた約25年前から、主に風景写真を撮ってきた。今回は、同区生まれの妻富支子さん(72)に、祭事や日常の風景など撮影対象を相談し、自転車で区内を走って撮影してきた。

 作品は昨年1月、国旗が掲げられた商家や初詣の参拝者でにぎわう北野天満宮(同区)などから始まる。デジタルカメラのモノクロ撮影機能を使った。

 近所の組みひもや撚糸の工房を訪れ、仕事ぶりを取材。家族とわずかな従業員で技術を受け継ぐ姿や、黒光りする歴史を重ねた機械で伝統産業を支える様子などが伝わる。

 撮影中、生地のしわを伸ばす織物整理業者の店じまいに立ち会うことにもなった。春は、経営不振に苦しみながらも営業を続けていたが、8月末をもって廃業。機械が止まり、人けのない内部が寂しさを物語る。重機が入り、工房が解体される様子も写した。

 西陣とゆかりの深い花街、上七軒の芸舞妓や、区内各地を巡る今宮神社(北区)の今宮祭のみこしの写真もある。

 辻さんは「区内には織物だけでなく三千家や和菓子の老舗などもあり、あらためて1200年の歴史の重みを感じた。寂しい現状もあるが、それも時の流れだ」と振り返る。30枚を希望者に配布する。辻さんTEL075(811)2850=午後3時~同6時まで。

【 2016年02月13日 15時00分 】

ニュース写真

  • 変わりゆく西陣の今を撮影した辻良一さん(左)と妻富支子さん=京都市上京区
  • 2015年春に辻さんが撮影した織物整理業者の工房。経営不振ながらも機械は稼働していた(上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ラグビー、五郎丸はメンバー外
      仏1部トゥーロン

      20161204000052

       ラグビーのフランス1部リーグ、トゥーロンは3日、ホームで4日午後4時15分(日本時間5..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      赤、朱、黄…去りゆく秋見つけた 京都・丹波

      20161204000042

       京都・丹波の秋を彩る紅葉も終盤を迎え、観光客らが名残惜しそうに、赤、朱、黄の共演を目に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      キューバ革命蜂起の地で追悼式典
      カストロ前議長の遺灰到着

      20161204000050

       【サンティアゴデクーバ共同】キューバの故フィデル・カストロ前国家評議会議長が1953年..... [ 記事へ ]