出版案内
福祉事業団
47NEWS

近江牛、生産強化へ新事業 滋賀県、繁殖・肥育一貫へ

近江牛生産態勢強化のイメージ図
近江牛生産態勢強化のイメージ図

 全国的に牛肉のブランド競争が激しくなる中、滋賀県は2016年度から、近江牛の生産態勢の強化に乗り出す。繁殖から肥育まで一貫して県内で担えるよう、良質の肉牛の受精卵を乳牛に移植して育て、畜産農家に供給する頭数を増やす。輸入牛肉の関税引き下げの影響が懸念される環太平洋連携協定(TPP)対策、赤字経営が続く県出資の食肉処理施設の経営改善にもつなげる。

 県内では「近江牛」にあたる黒毛和種が約1万2千頭飼育されているが、子牛の9割近くを県外からの購入に頼り、出荷までの肥育中心の方式となっている。主な産地である宮崎県で10年に口蹄(こうてい)疫が発生した影響で、15年の子牛の平均価格は5年前から20万円ほど上がって約70万円となった。飼料価格も高騰している。

 肥育中心から「繁殖・肥育一貫」へと転換していくため、県は畜産技術センター(日野町)の事業を拡充する。体外受精で年間約1300個の胚をつくり、乳用牛に移植して肉牛の子牛を約520頭できるようにする。子牛を育てる畜産農家の負担を減らすため、市場に出すまでの育成施設「キャトルステーション」を同センター内に整備する計画で、16年度県当初予算案に約7900万円を計上した。18年度から高島家畜市場(高島市)のせりに出せるように取り組む。

 県は飼育する肉専用種の頭数を25年度までに1万5千頭まで伸ばし、繁殖雌牛も増やす計画。出荷頭数は13年度比で約1・3倍の9千頭を目指し、処理頭数の伸び悩みで債務超過状態にある県出資の滋賀食肉センター(近江八幡市)の収入増を図る。

 県畜産課は「子牛の自給率を高めて安定生産につなげる。環境にこだわった県内の水田の稲わらをえさに使う面も含めてPRし、近江牛のブランド力を強化していきたい」としている。

【 2016年02月13日 22時50分 】

ニュース写真

  • 近江牛生産態勢強化のイメージ図
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      女子ゴルフ、野村は22位
      世界ランキング

      20160726000002

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は22位で変わらなかった。渡辺彩..... [ 記事へ ]

      経済

      ロシア工場を拡張 アークレイ、尿検査試薬の製造開始

      20160725000134

       臨床検査機器大手のアークレイ(京都市中京区)は、安定成長が見込めるとしてロシア事業を強..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      文化都市京都の創生提言 「日本人の忘れもの」知恵会議

      20160725000147

       京都から、次世代に伝えるべき文化を考える京都新聞のキャンペーン「日本人の忘れもの」知恵..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      希少トカゲ、違法に日本で売買か
      マレーシアが取引禁止提案

      20160725000023

       マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]

      国際

      元制服組トップに無期懲役、中国
      軍事法院、収賄罪で

      20160725000176

       【北京共同】中国の軍事法院(裁判所)は25日、収賄罪に問われた元人民解放軍制服組トップ..... [ 記事へ ]