出版案内
福祉事業団

地元商店が移住を後押し 京都・京北、空き家とマッチング

空き家になっている古民家で納豆餅づくりを体験する親子連れたち(京都市右京区京北下黒田町)
空き家になっている古民家で納豆餅づくりを体験する親子連れたち(京都市右京区京北下黒田町)

 京都市右京区京北の黒田地域にある地元密着型商店「おーらい黒田屋」が、空き家と移住希望者をマッチングする事業を本年度から始めた。住民との信頼関係を基に空き家活用を任せてもらい、入居者の面談や集落に溶け込むサポートまで行う。民間主導で空き家を解消するモデルとして期待されている。

 黒田は上桂川最上流域の自然豊かな地域だが、住民が都市部に流出し、民家160軒のうち約4分の1が空き家状態にある。仏壇があるため家を貸しづらかったり、地域の事情を知らない不動産業者に任せるのに抵抗を感じる家主が多いという。

 黒田屋は地域住民が運営する有限会社で、地域事情や住民を熟知していることから、移住者との橋渡し役を買って出た。昨年は全戸にアンケートして空き家の状況や家主の意志を把握し、賃貸や売却物件の情報をホームページなどで発信しはじめた。

 移住希望者に対しては面談の場を設け、生活の不安を解消したり、集落のルールを教えたりすることで、地域に入れるよう全面的に支援している。就農者の若者が移住の決断までこぎ着けたケースもある。

 14日には古民家で、都市住民対象の田舎暮らし体験会も開いた。住民を含め約50人が参加し、納豆餅や味噌作りを通じて顔の見える関係を築いた。京都市北区から子連れで参加した女性(36)は「移住の決断をするのに、冬の暮らしや大変な面も見たいと思って来た。こんな環境で子育てできたら幸せ」と手応えを話していた。

 今後は空き家提供者が増えるよう、成功例を示すなどして住民に働きかける。黒田屋の大和田信也さん(73)は「空き家を掘り起こし、1人でも多く受け入れたい」と意気込む。相談窓口は黒田屋TEL075(856)0968。

【 2016年02月16日 17時10分 】

ニュース写真

  • 空き家になっている古民家で納豆餅づくりを体験する親子連れたち(京都市右京区京北下黒田町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、大迫はフル出場
      独1部L、原口は後半退く

      20161204000007

       【ジンスハイム(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは3日、各地で行われ、ケルンの..... [ 記事へ ]

      経済

      年80万人、高速やクルーズ追い風 京都・舞鶴とれとれセンター

      20161203000110

       舞鶴の観光名所としてにぎわう道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(京都府舞鶴市下福井)が来..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      山城ブーム、「丹波下村城」を観光に 京都・美山で住民ら調査

      20161203000119

       全国で山城ブームが広がる中、京都府南丹市美山町下区の住民たちがこのほど、地域の山中にあ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      国会占拠でジョコ政権転覆計画
      インドネシア、捜査継続

      20161203000104

       【ジャカルタ共同】インドネシア国家警察の報道官は3日、記者会見し、政権転覆を企てたとし..... [ 記事へ ]