出版案内
福祉事業団
47NEWS

自主避難者「救済の後押しに」 東電に初の賠償命令

判決の意義を語る井戸弁護士(18日、京都市中京区・京都地裁)
判決の意義を語る井戸弁護士(18日、京都市中京区・京都地裁)

 東京電力に福島第1原発事故による自主避難者への賠償を初めて命じた18日の京都地裁判決に、京都の避難者らは「勝手に避難したと周囲から言われてきた自主避難者にとって、後押しになる」と、励ましだと受け止めた。

 判決後に京都市中京区で記者会見した原告代理人の井戸謙一弁護士は「原発事故は被害者に落ち度は何もないのに、東電の賠償金や裁判外紛争解決手続き(ADR)の和解金の基準は低い」と指摘。今回の判決は、ADRの和解案で示された1100万円の3倍近い額を認めており、井戸弁護士は「賠償額に納得できない自主避難者も、諦める必要はない。裁判で堂々と主張するための先鞭(せんべん)になる」と語った。

 一方、提訴から3年弱に及ぶ訴訟を支えたのは、京都地裁がこの一家への賠償金仮払いを命じた全国初の決定だった。井戸弁護士は「訴訟には時間がかかるので、不十分な額でもADRで早く話をまとめがちだ。仮払いがあったことで生活破綻を防げた。この制度を使って、東電と闘う人がもっと出てほしい」と力を込める。

 東日本大震災に伴う京都府内の避難者数は今年1月末時点で697人で、自主避難者が多くを占める。

 京都地裁では今回の家族の裁判とは別に、自主避難者ら58世帯175人が東電と国に損害賠償を求めた集団訴訟が係争中。

 木津川市に福島市から自主避難し、集団訴訟の原告でもある宇野朗子さん(44)は「判決の賠償金額や自主避難の合理性を認めた時期には疑問があるが、東電の責任を認めたことは、自主避難が間違っていなかったと後押しする内容だ」と語った。

【 2016年02月19日 08時40分 】

ニュース写真

  • 判決の意義を語る井戸弁護士(18日、京都市中京区・京都地裁)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      金藤理絵「流れつなげられた」
      水泳の五輪・パラ報告会

      20160926000120

       リオデジャネイロ五輪・パラリンピック水泳日本代表の報告会が26日、東京都内のホテルで行..... [ 記事へ ]

      経済

      北海道新幹線は「好調」
      開業半年で143万人利用

      20160926000115

       JR北海道は26日、北海道新幹線(新青森―新函館北斗)が3月26日に開業して以降、半年..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チョコ色香る着物 京都の和装デザイナー、丹後ちりめんで制作

      20160926000070

        チョコレートの原料のカカオ粉末を使って生地を染め、特有の香りも残した丹後ちりめんの着..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェルノブイリを教訓に
      福島市で専門家会議開催

      20160926000123

       東電福島第1原発事故を受け、福島県の全ての子どもを対象に実施中の甲状腺検査で多数のがん..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国検察、ロッテ会長逮捕状請求
      横領や背任容疑

      20160926000060

       【ソウル共同】韓国ロッテグループの裏金疑惑を捜査しているソウル中央地検は26日、創業者..... [ 記事へ ]