出版案内
福祉事業団

フリースペース次々開設 京都・山科、支援学校生も協力

青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)
青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)

 京都市山科区で、誰もが気軽に集える場所「フリースペース」が次々と生まれている。中でも大塚学区では、支援学校の生徒が運営を手伝ったり、新たに病院内に場所を設けるなど、活動が活発化し、より多くの人たちが参加しやすい場所作りを目指している。

 フリースペースは、区地域福祉推進委員会が、多世代の住民が気軽に集まれる場所として、3年前から各学区で開設を勧めてきた。現在は、総合福祉会館や自治会館、児童館など区内に10カ所あり、学区社協のメンバーやボランティアが運営している。

 大塚学区の「ふれあいスペース絆」は2013年6月から毎週火曜に開いている。東総合支援学校の施設を使い、高齢者ら約25人が体操やミニコンサート、いけばなを楽しむ。同学校の生徒たちも運営に協力し、茶話会の給仕や学校で採れた野菜の販売などを通し、社会参加の経験を積んでいる。高等部3年の浦山あすかさん(18)は「いろんな人と話すのは楽しいし、接客の勉強にもなる」と喜ぶ。

 同学区では、3月19日から、第3土曜のみ「洛和会音羽リハビリテーション病院」にフリースペースを設けることが決まった。会場を病院にするのは区内でも初めてで、医師らによる講演や音楽療法などを企画している。

 山科区社協の佐治俊彦会長は「地域にスペースが複数できれば訪れる人の幅も広がる。気軽に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

【 2016年02月19日 09時20分 】

ニュース写真

  • 青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ラグビー、五郎丸はメンバー外
      仏1部トゥーロン

      20161204000052

       ラグビーのフランス1部リーグ、トゥーロンは3日、ホームで4日午後4時15分(日本時間5..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      赤、朱、黄…去りゆく秋見つけた 京都・丹波

      20161204000042

       京都・丹波の秋を彩る紅葉も終盤を迎え、観光客らが名残惜しそうに、赤、朱、黄の共演を目に..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      岩盤や急斜面に緑を 京都・北桑田高生、独自キットで植樹

      20161203000112

       京都府内で唯一、林業を学ぶ学科を持つ北桑田高(京都市右京区)の生徒たちが、企業と開発し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定の行方、トランプ氏を注視 京都で温暖化防止シンポ

      20161203000126

       脱炭素社会の道筋を探るシンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」が3日、京都市上京..... [ 記事へ ]

      国際

      キューバ革命蜂起の地で追悼式典
      カストロ前議長の遺灰到着

      20161204000050

       【サンティアゴデクーバ共同】キューバの故フィデル・カストロ前国家評議会議長が1953年..... [ 記事へ ]