出版案内
福祉事業団
47NEWS

フリースペース次々開設 京都・山科、支援学校生も協力

青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)
青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)

 京都市山科区で、誰もが気軽に集える場所「フリースペース」が次々と生まれている。中でも大塚学区では、支援学校の生徒が運営を手伝ったり、新たに病院内に場所を設けるなど、活動が活発化し、より多くの人たちが参加しやすい場所作りを目指している。

 フリースペースは、区地域福祉推進委員会が、多世代の住民が気軽に集まれる場所として、3年前から各学区で開設を勧めてきた。現在は、総合福祉会館や自治会館、児童館など区内に10カ所あり、学区社協のメンバーやボランティアが運営している。

 大塚学区の「ふれあいスペース絆」は2013年6月から毎週火曜に開いている。東総合支援学校の施設を使い、高齢者ら約25人が体操やミニコンサート、いけばなを楽しむ。同学校の生徒たちも運営に協力し、茶話会の給仕や学校で採れた野菜の販売などを通し、社会参加の経験を積んでいる。高等部3年の浦山あすかさん(18)は「いろんな人と話すのは楽しいし、接客の勉強にもなる」と喜ぶ。

 同学区では、3月19日から、第3土曜のみ「洛和会音羽リハビリテーション病院」にフリースペースを設けることが決まった。会場を病院にするのは区内でも初めてで、医師らによる講演や音楽療法などを企画している。

 山科区社協の佐治俊彦会長は「地域にスペースが複数できれば訪れる人の幅も広がる。気軽に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

【 2016年02月19日 09時20分 】

ニュース写真

  • 青いジャンパーを着て、フリースペースの参加者をもてなす東支援学校の生徒たち(京都市山科区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      全仏、A・ラドワンスカが敗退
      ストーサーは8強へ

      20160601000003

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第10日は31日、パリのローランギャロスで行われ、女子..... [ 記事へ ]

      経済

      ローソン、品ぞろえ1割増へ
      価格も手頃にと竹増新社長

      20160601000007

       コンビニ2位のローソンは国内全体の4分の3に当たる約9千店舗で、品ぞろえを6月末までに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハラール弁当味わおう 京都のインド料理店、三条京阪駅で販売

      20160531000076

       イスラム教の戒律にのっとって「ハラール」の認証を受けた食材で作った料理のおいしさを多く..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      投票や選挙、若者語り合う 京都で座談会、関心高める方策探る

      20160531000177

       選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる参院選に向け、京都府などの大学生、高校生によ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      娘の縫いぐるみ宇宙で活用
      大西さん、無重力確認に

      20160531000143

       【モスクワ共同】6月にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう予定の宇宙飛..... [ 記事へ ]

      国際

      加州知事、クリントン氏支持表明
      7日に予備選

      20160601000009

       【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補指名争いで、カリフォルニア州のブラウン知事(民..... [ 記事へ ]