出版案内
福祉事業団

大津市、147億円補正案 一般会計1058億円に

 大津市は19日、2016年度当初予算案に147億6100万円を追加する補正予算案を発表した。補正予算案を「肉付け」した後の総額は、一般会計が1058億4700万円、10特別会計と5企業会計を合わせ計2356億7900万円となった。人口減少社会を乗り越えるため、越直美市長が市長選で掲げた「住み続けたい大津」実現に向け、子育てや高齢者の暮らし、現役世代の支援に重点を置く内容となった。(24、26面に関連記事)

 補正予算案には、2期目の越市政の方向性を示す各種政策が盛り込まれ、越市長は「大津に住む人、来る人を増やし、持続可能な大津をつくる」と編成の意図を述べた。

 肉付け後の一般会計予算案規模は、前年度に繰り上げ償還を行ったことで下水道事業への繰り出し金が18億円減少するなど、前年度一次補正後比で2・2%減となった。国の臨時福祉給付金支給費13億7千万円が盛り込まれたことなどから、市が健全財政維持のため設定した「約1043億円」の中期財政フレームはオーバーした。

 主な歳出は、子ども医療費助成を拡充し通院費の負担軽減措置を来年1月から小学6年まで広げるため、2億5600万円を計上した。不足している保育士確保や保育園で看護師を雇うための新たな補助制度創設に1億2300万円を充てる。市立幼稚園3年保育化準備経費に100万円、英語指導力向上のため教員を短期語学留学させるなど、英語教育充実に2億1300万円を投入する。

 高齢者が地域で子育てや介護の仕事に就けるよう支援する取り組みに200万円、健康づくり対策としてグラウンドゴルフなどを行える広場を市内4カ所に3200万円で整備する。がん検診の受診率をあげるため受診券を対象者に送付する事業1700万円も実施する。

 歳入は市税収入は1・3%増加を見込むが、市税や地方消費税交付金が増えたことで、地方交付税は6・9%減少。一方、市債発行は75億2千万円で16・5%減と抑え、財政調整基金も取り崩さず、財政規律を維持した。

 肉付け補正予算案は3月3日に市議会に提案する予定。

【 2016年02月19日 23時07分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ロドリゲス氏が野球殿堂入り
      バグウェル氏らと3人

      20170119000021

       【ニューヨーク共同】米国野球殿堂は18日、今年の殿堂入り選手を発表し、強肩強打の捕手と..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、22ドル安
      経済政策に不透明感

      20170119000016

       【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トランプ次期..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      3年ぶり、節分の夜に火柱 京都・吉田神社、古札焚き上げ復活

      20170119000022

       京都市左京区の吉田神社は、立春を迎える神事の火炉祭を従来の形に戻し、今年から再び、大量..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      歓喜の春、笑顔咲く 京都・公立高付属中で合格発表

      20170118000152

       京都府内の公立高付属中で18日、2017年度入試の合格発表があった。京都市立西京高付属..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      向井さん、宇宙ごみ議論に意欲
      国連の科学技術小委で議長に

      20170118000110

       日本初の女性宇宙飛行士の向井千秋さん(64)が国連宇宙空間平和利用委員会の科学技術小委..... [ 記事へ ]

      国際

      中国から英に貨物列車
      「一帯一路」の一環

      20170119000005

       【ロンドン共同】中国浙江省と英ロンドンを結ぶ国際定期貨物列車の第1便が18日、ロンドン..... [ 記事へ ]