出版案内
福祉事業団
47NEWS

大津市長と市民、高齢化で対話 100回ミーティング

石山団地の高齢化対策の取り組みを、市政の参考にしたいと述べる越市長(右から2人目)=大津市平津2丁目・湘南学園
石山団地の高齢化対策の取り組みを、市政の参考にしたいと述べる越市長(右から2人目)=大津市平津2丁目・湘南学園

 大津市の越直美市長は23日、市民との対話事業「100回ミーティング」の第1回を、同市平津2丁目の湘南学園で行った。この日は、同学園で地域住民らが定期開催している「石山団地の共に生きるまちづくり委員会」に出席し、高齢化の課題を克服するため同委員会が自主的に取り組む活動について、意見交換した。

 石山学区では2013年、住民と同学園が連携し石山団地の高齢化の実態を調査。高齢化が進み診療所やスーパーなどが撤退、住民が移動手段や話し相手不足に困っていることを把握し、15年からサロン運営し、診療所開設に向けた調査にも取り組んでいる。

 ミーティングでは、委員会メンバーらが「サロンに参加できない高齢者も多い」「路線バスより、タクシーや移動販売など直接自宅周辺に来てもらうサービスへの需要が多い」など、活動を通じて浮かび上がった地域課題を説明した。これに対し越市長は「市内のどこでも起こってくる問題。市としてできることを考え、全市的に取り組むための参考にさせてほしい」と述べた。

 100回ミーティングは、地域活動に取り組む市民らと市長が意見交換し、市政に反映させるために始めた。テーマは絞らず、幅広く対話する方針という。

【 2016年02月23日 22時10分 】

ニュース写真

  • 石山団地の高齢化対策の取り組みを、市政の参考にしたいと述べる越市長(右から2人目)=大津市平津2丁目・湘南学園
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      上原「決勝に進めたら」
      五輪陸上女子5000m代表

      20160701000146

       リオデジャネイロ五輪の陸上女子5000メートル代表で20歳の上原美幸(第一生命)が1日..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ本社、堺工場に移転
      経費削減、新天地で再起

      20160701000121

       経営再建中のシャープは1日、本社を大阪市阿倍野区から堺市堺区の堺工場へ移転した。経費節..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      輝く夏 いざなう波音 京都府北部で海開き

      20160701000098

       海水浴シーズンを迎え、京都府北部の海水浴場で1日、「海開き」が始まった。梅雨の晴れ間が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      役になりきり自信の狂言 大津・長等小 能舞台で熱演

      20160701000050

       大津市大門通の長等小は30日、「狂言発表会」を同市園城寺町の市伝統芸能会館で開いた。は..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      木星のオーロラ捉えた画像公開
      ハッブル宇宙望遠鏡

      20160701000148

       米航空宇宙局(NASA)は1日までに、ハッブル宇宙望遠鏡で木星のオーロラを捉えた画像を..... [ 記事へ ]

      国際

      習近平総書記、一党独裁堅持へ
      中国共産党創建95年で演説

      20160701000097

       【北京共同】中国共産党の習近平総書記(国家主席)は1日、共産党創建95年祝賀大会で演説..... [ 記事へ ]