出版案内
福祉事業団

滋賀県警、懲戒処分が大幅増 昨年、パワハラ要因

 滋賀県警で昨年、懲戒処分を受けた警察官と職員は計12人と前年の3人から大幅に増加した。職場のいじめやセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)が多発したためで、県警は相談窓口を増やす対策を取ったが、識者からは「組織の体質そのものを変えないと根絶できない」という指摘が出ている。

 昨年の処分の内訳は減給10人、戒告2人。免職や停職はいなかった。理由別ではパワハラ4人、捜査書類の虚偽作成3人、窃盗3人、セクハラ1人、盗撮1人。

 昨年7月、1年以上にわたり複数の部下を殴ったりしたとして、大津北署員の40代警部ら3人が減給と戒告の処分を受けた。

 同10月には、部下の巡査長を同3~6月にかけて何度も怒鳴りつけたりしたとして、高島署の50代警部補が減給処分になった。巡査長は6月に自殺したが、県警は「パワハラの因果関係は不明」としている。

 また、同11月には、交通違反取り締まりで虚偽の捜査書類を作成した警察署勤務の3人が処分を受け、書類送検された。

 県警の処分者数はここ数年2~6人で推移していた。昨年秋、各部署に相談員を配置し、今後は警察官の自覚を促す倫理教養も徹底する。

 県警監察官室は「これまではセクハラの相談員しか置いておらず、パワハラなどを把握するのが難しかった。今後は不祥事に厳しく対処するとともに、相談しやすい職場づくりを進める」としている。

 警察庁のまとめでは、警察職員の懲戒処分者は昨年全国で293人。警視庁が39人と最多で、兵庫県警25人、大阪府警21人と続いた。

■相談窓口、逆効果も

 警察問題に詳しいジャーナリスト大谷昭宏さんの話 警察は階級社会で上下関係によるハラスメントが全国的に多い。相談窓口を作っても、職員が本当に相談できるのか疑問だ。相談態勢を整えることで、相談に行けない人の被害が表面化しないという逆効果もあり得る。不祥事を積極的に情報公開するなど、組織全体で意識を変えるべきだ。

【 2016年02月26日 17時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本代表の則本、藤浪ら投球練習
      WBC強化合宿2日目

      20170224000124

       野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ANAがピーチを子会社化
      304億円で株式取得

      20170224000017

       ANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      滋賀県の山、詳しく紹介 ガイド本、初心者もわかりやすく

      20170224000077

       滋賀県内の山を登る人のための最新情報を盛り込んだ本「滋賀県の山」が山と渓谷社からこのほ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

      20170224000063

       滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続..... [ 記事へ ]