出版案内
福祉事業団

滋賀県警、懲戒処分が大幅増 昨年、パワハラ要因

 滋賀県警で昨年、懲戒処分を受けた警察官と職員は計12人と前年の3人から大幅に増加した。職場のいじめやセクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)が多発したためで、県警は相談窓口を増やす対策を取ったが、識者からは「組織の体質そのものを変えないと根絶できない」という指摘が出ている。

 昨年の処分の内訳は減給10人、戒告2人。免職や停職はいなかった。理由別ではパワハラ4人、捜査書類の虚偽作成3人、窃盗3人、セクハラ1人、盗撮1人。

 昨年7月、1年以上にわたり複数の部下を殴ったりしたとして、大津北署員の40代警部ら3人が減給と戒告の処分を受けた。

 同10月には、部下の巡査長を同3~6月にかけて何度も怒鳴りつけたりしたとして、高島署の50代警部補が減給処分になった。巡査長は6月に自殺したが、県警は「パワハラの因果関係は不明」としている。

 また、同11月には、交通違反取り締まりで虚偽の捜査書類を作成した警察署勤務の3人が処分を受け、書類送検された。

 県警の処分者数はここ数年2~6人で推移していた。昨年秋、各部署に相談員を配置し、今後は警察官の自覚を促す倫理教養も徹底する。

 県警監察官室は「これまではセクハラの相談員しか置いておらず、パワハラなどを把握するのが難しかった。今後は不祥事に厳しく対処するとともに、相談しやすい職場づくりを進める」としている。

 警察庁のまとめでは、警察職員の懲戒処分者は昨年全国で293人。警視庁が39人と最多で、兵庫県警25人、大阪府警21人と続いた。

■相談窓口、逆効果も

 警察問題に詳しいジャーナリスト大谷昭宏さんの話 警察は階級社会で上下関係によるハラスメントが全国的に多い。相談窓口を作っても、職員が本当に相談できるのか疑問だ。相談態勢を整えることで、相談に行けない人の被害が表面化しないという逆効果もあり得る。不祥事を積極的に情報公開するなど、組織全体で意識を変えるべきだ。

【 2016年02月26日 17時33分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      宇野昌磨、GPファイナルへ渡欧
      「実力で3位以上に」

      20161206000050

       フィギュアスケート男子でグランプリ(GP)ファイナル(8日開幕・マルセイユ=フランス)..... [ 記事へ ]

      経済

      燗や冷、温度に合った清酒酵母 京都発、開発に力

      20161206000026

       京都市産業技術研究所(京都市下京区)が、燗(かん)酒や冷酒など、清酒の飲む温度に応じた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ポインセチア、クリスマスへ色づく 京都府立植物園

      20161206000044

       クリスマスシーズンを彩るポインセチアの展覧会が、京都市左京区の府立植物園で開かれている..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      古民家を活動拠点に 京都・井手で京産大生

      20161206000061

       京都府井手町井手の空き家の古民家で、京都産業大(京都市北区)の学生たちが活動場所となる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゴア元副大統領と会談
      トランプ氏、気候変動協議

      20161206000020

       【ワシントン共同】トランプ次期米大統領(共和党)は5日、気候変動問題への取り組みで20..... [ 記事へ ]

      国際

      首相辞任は予算可決後に
      イタリア大統領が要請

      20161206000018

       【ローマ共同】イタリアのレンツィ首相は5日、4日の国民投票での敗北を受け、マッタレッラ..... [ 記事へ ]