出版案内
福祉事業団
47NEWS

移転住民ら「大戸川ダム早期着工を」 大津で意見聴取

治水対策案の中で大戸川ダム建設が最も有利とした報告書素案について、意見を述べる市民(右)=大津市黒津4丁目・アクア琵琶
治水対策案の中で大戸川ダム建設が最も有利とした報告書素案について、意見を述べる市民(右)=大津市黒津4丁目・アクア琵琶

 国土交通省近畿地方整備局は27日、大津市の「アクア琵琶」で、大戸川ダムの検証結果をまとめた報告書素案について、市民の意見を聞く場を開いた。ダム湖予定地から移転した住民らが壇上に立ち、ダム建設を最も有利とした素案について「住民の気持ちに寄り添い、評価する。流域の安全のため本体工事の早期着工を」と求めた。

 市民約80人が参加し、希望した8人が意見を述べた。大戸川ダム対策協議会会長の元持吉治さん(65)は「住民は下流域の安全を考え、苦渋の選択で移転を受け入れた経過がある。国と地方が連携し、着工を進めてほしい」と語った。ほかにも2013年の台風18号で浸水被害に遭った地区の住民らが「二度とぶれずに建設に進んでもらいたい」などと話した。素案に反対する声はなかった。

 意見を聞く場は、28日午後2時から大阪市の大阪合同庁舎でも開く。その後、学識者や関係自治体からも聞き取りし、検証手続きに反映させるという。素案についてはパブリックコメントも募っており、3月14日まで受け付ける。

【 2016年02月27日 22時50分 】

ニュース写真

  • 治水対策案の中で大戸川ダム建設が最も有利とした報告書素案について、意見を述べる市民(右)=大津市黒津4丁目・アクア琵琶
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      移籍の吉野、紅白戦で存在感 京都サンガ

      20160728000137

       J1広島から京都サンガFCに期限付き移籍したDF吉野恭平が、28日の紅白戦で早速主力組..... [ 記事へ ]

      経済

      ソニーの電池事業買収 村田製、次世代技術開発目指す

      20160728000157

       村田製作所は28日、ソニーグループから電池事業の大半を譲り受けると発表した。スマートフ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暮れなずむ湖上、息災願い炎舞う 大津・唐崎神社、みたらし祭

      20160728000169

       疲れや悩みを癒やし今後の無病息災を願う「みたらし祭」が28日、大津市唐崎1丁目の唐崎神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植物細胞内の体内時計、昼夜存在で整然と機能 京大グループ発表

      20160728000024

       植物の体内時計は、個々の細胞のリズムは不安定だが、昼と夜がある条件では時計がそろって整..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツへ
      ポーランド訪問開始

      20160728000005

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコは27日、ポーランド南部クラクフに到着し、同国訪..... [ 記事へ ]