出版案内
福祉事業団

認知症男性、ホームレスと誤る 京都市放置、一時不明

 京都市伏見区役所が昨年12月、伏見署から引き継いだ認知症の疑いがある身元不明の男性(74)を簡易宿泊所に1人で向かわせ、男性が再び行方不明になっていたことが29日、関係者への取材で分かった。男性は南区の屋外で体調を崩して救急搬送されていたことが翌日に判明した。

 男性は数日間入院し無事だったが、いったん保護されながら所在が分からなくなった問題は、認知症で行方不明になる高齢者が増える中、関係機関の情報共有の在り方や社会の見守りの手薄さを浮き彫りにした格好だ。

 関係者によると、昨年12月7日朝、京阪中書島駅(伏見区)から「自分がどこにいるのか分からない」と困惑している男性がいると通報があり、伏見署が保護した。住所が答えられないなど意思疎通がうまくできなかったため、同署は「認知症の症状が認められる」と書面に記し、同日午後、身元不明のまま伏見区役所に保護を引き継いだ。法律上、警察は原則、24時間以内に保護した人を親族や公的機関などに引き継ぐよう規定されている。

 一方、区役所は男性と面談するなどして、ホームレスで「自立が可能」と判断し、簡易宿泊所で保護した上で身元調査することを決めた。担当者は地図を示して宿泊所まで行くよう指示すると男性は「1人で行ける」と話したという。担当者は地図や乗車券を渡し、区役所近くのバス停まで同行したが、男性の乗車確認をせず、事務所へ戻った。

 翌日、大阪市内の福祉関係者から捜索願が出され、男性の身元が判明。しかし、男性は宿泊所に姿を見せず、行方がわからなくなっていた。調査の結果、男性は南区内で急病人として病院に搬送されていた。数日間入院後、大阪市内の自宅へ戻ったという。

 男性は結果的に認知症の初期段階だったといい、区役所担当者は「短時間で認知症かどうか判断するのは難しかった。課題を教訓に今後の支援に生かしたい」としている。

【 2016年03月01日 03時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      70歳の尾崎将、ツアーに意欲
      「今年は楽しみ」

      20170124000120

       男子ゴルフの日本ツアーで最多の94勝を誇る尾崎将司が70歳の誕生日を迎えた24日、千葉..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、壁掛け扇風機14万台回収
      発火の恐れ、事故5件

      20170124000100

       パナソニックは24日、国内で販売した壁掛け式の扇風機に発火の恐れがあるとして、計14万..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜間火災に即応、阿弥陀堂に放水 京都・西本願寺で消防訓練

      20170124000026

       「冬の文化財防火運動」初日の23日、京都市下京区の西本願寺で夜間消防訓練が実施された。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      特別支援学校新設、環境も改善を 滋賀の保護者ら署名提出

      20170124000142

       滋賀県内の特別支援学校に通う児童生徒の保護者や教職員らでつくる「滋賀の障害児教育をよく..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水俣病原因物質、防御機構を破壊
      水銀中毒の治療薬開発に期待

      20170125000008

       水俣病の原因物質であるメチル水銀を摂取すると、小脳などの脳血管に特定のタンパク質が生じ..... [ 記事へ ]

      国際

      ジュネーブ和平協議再開へ
      シリア停戦監視強化で声明

      20170125000005

       【アスタナ共同】内戦の続くシリア全土での停戦維持を図るアサド政権と反体制派の会合は24..... [ 記事へ ]