出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都・亀岡盆地を洪水モデル化 京大グループ考案

 2013年9月に台風18号で豪雨被害を受けた京都府亀岡市・亀岡盆地の記録などを基に、京都大防災研究所の田中茂信教授と工学研究科大学院生の原田航太さんらが、桂川流域の詳細な洪水推定モデルを考案した。堤防の一部を低めに作って水の逃げ道を設ける日本独自の治水法「霞(かすみ)堤」がある亀岡盆地の特徴を反映させた。霞堤を活用しているほかの地域でも応用できるという。

■片側低い堤防、特徴反映

 亀岡市や福知山市など府内各地にある「霞堤」は、増水時には低めに作った堤防部分から水が流れ出て遊水池にたまる。両岸の堤防が同じ高さであることが前提の従来の推定モデルでは、両岸で高低差のある霞堤での詳細な洪水推定は困難だった。

 グループは、約1100平方キロの桂川流域を50メートル四方メッシュで解析。そのうち亀岡盆地を流れる桂川周辺は、霞堤部分などの高低差をより細かく算出してコンピューターシミュレーションに適用した。結果、13年の台風18号による浸水被害を正確に再現。霞堤を越えて遊水池に流れ込んだ水が、水量の減った後に川へ戻る過程も表現できた。

 今後、霞堤の有無による洪水被害の違いや経済リスクの算出も視野に入れるという。田中教授は「土地の特徴を考慮した被害予測を通し、効率的な防災計画に結びつけられる」と話している。

【 2016年03月06日 17時01分 】

ニュース写真

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      錦織、初戦勝ち3回戦へ
      ロジャーズ杯テニス

      20160728000006

       【トロント共同】テニスのロジャーズ・カップは27日、トロントで行われ、男子シングルスで..... [ 記事へ ]

      経済

      藻の燃料、実用化へ加速
      デンソー、熊本で実験

      20160728000001

       水中に生息する藻類を使ったバイオ燃料の開発を企業が加速させている。藻はトウモロコシなど..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城の天守閣復元を 有識者会議が提言案

      20160727000167

       世界遺産・二条城(京都市中京区)を積極的に活用した観光振興や文化発信を考える市の有識者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      厄介者の水草で発電、廃液からクロレラ 滋賀県立大

      20160727000161

       滋賀県立大などの研究グループは27日、琵琶湖に繁茂する水草から発電などに使えるメタンガ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ハス消滅、謎深まる 滋賀県など調査も原因不明

      20160727000153

       滋賀県草津市の烏丸半島で名物のハスが姿を消した問題で、滋賀県と市が27日、原因究明のた..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、アウシュビッツへ
      ポーランド訪問開始

      20160728000005

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコは27日、ポーランド南部クラクフに到着し、同国訪..... [ 記事へ ]