出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都・亀岡盆地を洪水モデル化 京大グループ考案

 2013年9月に台風18号で豪雨被害を受けた京都府亀岡市・亀岡盆地の記録などを基に、京都大防災研究所の田中茂信教授と工学研究科大学院生の原田航太さんらが、桂川流域の詳細な洪水推定モデルを考案した。堤防の一部を低めに作って水の逃げ道を設ける日本独自の治水法「霞(かすみ)堤」がある亀岡盆地の特徴を反映させた。霞堤を活用しているほかの地域でも応用できるという。

■片側低い堤防、特徴反映

 亀岡市や福知山市など府内各地にある「霞堤」は、増水時には低めに作った堤防部分から水が流れ出て遊水池にたまる。両岸の堤防が同じ高さであることが前提の従来の推定モデルでは、両岸で高低差のある霞堤での詳細な洪水推定は困難だった。

 グループは、約1100平方キロの桂川流域を50メートル四方メッシュで解析。そのうち亀岡盆地を流れる桂川周辺は、霞堤部分などの高低差をより細かく算出してコンピューターシミュレーションに適用した。結果、13年の台風18号による浸水被害を正確に再現。霞堤を越えて遊水池に流れ込んだ水が、水量の減った後に川へ戻る過程も表現できた。

 今後、霞堤の有無による洪水被害の違いや経済リスクの算出も視野に入れるという。田中教授は「土地の特徴を考慮した被害予測を通し、効率的な防災計画に結びつけられる」と話している。

【 2016年03月06日 17時01分 】

ニュース写真

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      イブラヒモビッチ、来季はマンU
      フェイスブックで公表

      20160701000009

       サッカーの欧州選手権で敗退し、スウェーデン代表からの引退を表明したFWイブラヒモビッチ..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      15世紀ごろの屋敷跡出土 京都嵐山の嵯峨遺跡、陶磁器も発見

      20160630000143

       京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町の発掘調査で、15~16世紀の有力者の屋敷とみられる遺構が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]

      国際

      子ども権利委員に大谷氏
      国連で選挙、日本人初

      20160701000007

       【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で30日、18歳未満の子どもの人権を保障する..... [ 記事へ ]