出版案内
福祉事業団
47NEWS

市内在住職員に住宅手当上乗せ 京都市、災害対策で

 京都市は2016年度から、市内に在住する市職員に、住宅手当を上乗せ支給する方針を決めた。市職員の3割以上が市内に住んでおらず、災害時の人員確保に影響が出る恐れがあり、市内での居住を促すのが目的。市外居住の場合と比べて年間に、賃貸で3万6千円、持ち家では12万6千円の上乗せとなる。

 市の14年度調査で、市長部局約7660人のうち、市内在住者は66%の約5千人。京都市以外の府内は約1100人、滋賀県が約700人、大阪府約580人、奈良県約70人、兵庫県約50人だった。京都市内の物件が比較的高価なことが原因とみられる。

 現在の住宅手当は持ち家、賃貸とも月額最大1万500円。新年度から3年間かけて、持ち家の職員への手当を全廃する方針で、その財源を振り向け、市内在住者を優遇する。

 案では16年度以降、市内に持ち家を購入した職員には現行通り月額1万500円の支給を継続する。賃貸の職員は、居住地が市内か市外かにかかわらず国家公務員に準じて2年後に月額2万7千円まで引き上げ、市内在住者にはそれに月額3千円上乗せする。居住地で住宅手当に差をつける自治体は大阪市など全国で広がっている、という。

 市は「子育て環境日本一」をPRし、定住人口増を最重点課題と位置づけている。市幹部は「アピールする職員が他都市に住んでいては説得力に欠ける」としており、市内在住者が増えれば、▽災害時の態勢強化▽市民税の収入増▽通勤手当の抑制▽職員の地域活動参加-などの効果も期待できる、という。ただ、市外に在住する職員の中には「子どもがいれば引っ越しは難しい。市外に住み続けていて庁内で冷たい目で見られないか心配」と危惧(きぐ)する声も漏れている。

 開会中の2月市会に関係条例の改正案を提案している。

【 2016年03月09日 06時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      フィギュア本田、フリー曲披露
      全日本ジュニア強化合宿

      20160729000113

       フィギュアスケートの全日本ジュニア強化合宿が29日、愛知県豊田市の中京大アイスアリーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      古民家活用、オフィスに期待 京都・南丹で民間2社が拠点

      20160729000055

       空き家となっている古民家を活用し、企業や団体のサテライトオフィスを誘致していた南丹市美..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      蕪村生誕300年記念、屏風や掛け軸展示 京都・江山文庫

      20160729000060

       江戸時代の俳人で画家の与謝蕪村の生誕300年を記念した特別展「蕪村屏風(びょうぶ)をの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、ミサ中に転ぶ
      ポーランド、けがなし

      20160729000040

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコ(79)が28日、ポーランド南部チェンストホバで..... [ 記事へ ]