出版案内
福祉事業団
47NEWS

福島事故避難者「天に昇る思い」 高浜原発運転差し止め

高浜原発3、4号機をめぐる経過
高浜原発3、4号機をめぐる経過

 「40年間、原発の裁判を続けてきたが負けっ放しだった。初めて勝てて、天に昇る思い」。大津地裁は9日、高浜原発の運転を差し止める決定を出した。申し立て人の一人、青田勝彦さん(74)=大津市=は決定の一報に、妻の惠子さん(66)と喜びをあらわにした。青田さんは東京電力福島第1原発事故で福島県南相馬市から自主避難を続けている。「今日は妻の誕生日。幸運の女神なのかも知れない」と満面の笑みを浮かべた。

 元関西大教授の野口宏さん(75)=大津市=は「再稼働が危険だということを理解してもらえ、よかった」とほっとした表情を浮かべた。

 専門は情報学。研究で原発に関わることはなかったが、福島の事故で原発の危険性を痛感し「事故は繰り返してはならない」との思いを強めた。11年末に県内にできた脱原発団体をつなぐ組織を有志で立ち上げ、冊子の発行などに取り組んできた。「原発の隣県なのに原子力の専門家がいない。琵琶湖を守るには、滋賀の住民が学び、動かないといけない。今年は脱原発の節目になる」と語った。

 住職で元高校教員の對月慈照(たいげつじしょう)さん(62)=長浜市=は40年前に美浜原発(福井県美浜町)の見学会に参加。現地住民に「原発設置に必要な大量の水と強い地盤は都会にもある。立地地元がないがしろにされている気がする」と指摘され原発に疑問を抱いた。授業でも原発を取り上げ、4年前に教員を退職後は再稼働反対の意志を自らの行動で示そうと原告団に加わったという。「再稼働はおかしいという世論も後押ししたのだと思う」と笑顔を見せた。

【 2016年03月10日 08時41分 】

ニュース写真

  • 高浜原発3、4号機をめぐる経過
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      リオへ「腐らず準備」 サンガから徳島へ期限付き移籍、GK杉本

      20160531000062

       京都サンガFCから今季、J2徳島に期限付き移籍しているGK杉本大地(22)が、リオデジ..... [ 記事へ ]

      経済

      MRJ試験2号機が初飛行
      三菱航空機、開発加速

      20160531000040

       三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      万華鏡の世界、ギターと競演 5日、京都で映像投影コンサート

      20160531000037

       来年5月に京都市内で開催される「万華鏡世界大会in京都」のプレイベントとしてコンサート..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーヤーで交流の輪 京都・須知高生が育てた苗、女性の会が購入

      20160531000053

       夏の暑さをしのぐためのゴーヤーカーテンをつくろうと、京都府京丹波町女性の会が、須知高(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島3市村の避難解除決定
      6~7月、政府

      20160531000061

       政府は31日に原子力災害対策本部の会合を開き、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の..... [ 記事へ ]

      国際

      慰安婦財団準備委が初会合、韓国
      6月中の設立目指す

      20160531000027

       【ソウル共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題で、昨年末の日韓両政府の合意に基づき、元慰安婦の..... [ 記事へ ]