出版案内
福祉事業団

福島事故避難者「天に昇る思い」 高浜原発運転差し止め

高浜原発3、4号機をめぐる経過
高浜原発3、4号機をめぐる経過

 「40年間、原発の裁判を続けてきたが負けっ放しだった。初めて勝てて、天に昇る思い」。大津地裁は9日、高浜原発の運転を差し止める決定を出した。申し立て人の一人、青田勝彦さん(74)=大津市=は決定の一報に、妻の惠子さん(66)と喜びをあらわにした。青田さんは東京電力福島第1原発事故で福島県南相馬市から自主避難を続けている。「今日は妻の誕生日。幸運の女神なのかも知れない」と満面の笑みを浮かべた。

 元関西大教授の野口宏さん(75)=大津市=は「再稼働が危険だということを理解してもらえ、よかった」とほっとした表情を浮かべた。

 専門は情報学。研究で原発に関わることはなかったが、福島の事故で原発の危険性を痛感し「事故は繰り返してはならない」との思いを強めた。11年末に県内にできた脱原発団体をつなぐ組織を有志で立ち上げ、冊子の発行などに取り組んできた。「原発の隣県なのに原子力の専門家がいない。琵琶湖を守るには、滋賀の住民が学び、動かないといけない。今年は脱原発の節目になる」と語った。

 住職で元高校教員の對月慈照(たいげつじしょう)さん(62)=長浜市=は40年前に美浜原発(福井県美浜町)の見学会に参加。現地住民に「原発設置に必要な大量の水と強い地盤は都会にもある。立地地元がないがしろにされている気がする」と指摘され原発に疑問を抱いた。授業でも原発を取り上げ、4年前に教員を退職後は再稼働反対の意志を自らの行動で示そうと原告団に加わったという。「再稼働はおかしいという世論も後押ししたのだと思う」と笑顔を見せた。

【 2016年03月10日 08時41分 】

ニュース写真

  • 高浜原発3、4号機をめぐる経過
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      高木美が1500で優勝
      スピードW杯最終日

      20161205000001

       【アスタナ共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦最終日は4日、カザフスタ..... [ 記事へ ]

      経済

      ゆるキャラで京都米PR、短大生に特選 

      20161204000033

       地元で収穫された「京都米」の魅力を発信する提案事業の表彰式が3日、京都市中京区のホテル..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「白樺日誌」図録をカラー化 京都・舞鶴のNPO、登録1年に改訂

      20161204000121

       国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されている「白樺..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・宇治田原の調理場が準優勝
      全国学校給食甲子園

      20161204000093

       地元食材を使って給食のおいしさや栄養価などを競う第11回「全国学校給食甲子園」の決勝大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「こうのとり」9日打ち上げ
      多彩な荷物、宇宙にお届け

      20161204000088

       国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」6号機が9日、鹿児島県の種子島..... [ 記事へ ]

      国際

      改憲問うイタリア国民投票、接戦
      「反既存政治」に勢い

      20161204000087

       【ローマ共同】イタリアで4日、上院の権限縮小を柱とする憲法改正の是非を問う国民投票が実..... [ 記事へ ]