出版案内
福祉事業団

二条城駐車場、10月着工へ 京都市、樹木伐採40本に

 世界遺産・二条城(京都市中京区)敷地内で市の大型観光バス駐車場新設が計画されている問題で、市は9日夜、当初計画を変更し、規模を半減する見直し案を公表した。樹木40本を伐採する内容などに、自然景観や生活環境が破壊されるとして反対する住民が依然として多いが、市は同日までに、10月に着工する方針を固めた。

 市は二条城東側にある東大手門前の景観を改善するため昨年3月、門前の既存駐車場を縮小する代わりに北西部の樹木を除去し、バス駐車場を整備する計画を策定。これに住民らが反発し、「世界遺産の魅力が失われる」と、約5千人分の反対署名を市に提出した。

 見直し案では、北西部のバス駐車場を当初計画の半分の10台分とし、樹木伐採も約130本から約40本に減らして散策スペースを整備する。東側駐車場は、まずバス1台増の11台分とし、10月には乗用車スペースを120台から34台に減らし代わりにバス9台分を確保する。

 案は住民ら約70人が参加した説明会で市が示した。市は「現実的な計画」と理解を求めたが、住民からは「(城近くの)二条駅周辺に200台以上の民間駐車場がある。パークアンドライドを推奨する市の方針は何だったのか」「年間通して既存駐車場のバス台数を多くすれば、新設は必要ない」と批判が出た。

 市は「複数の駐車場に協力を求めたが断られた」「マイカーをこれ以上減らすと違法駐車が増え、近隣に迷惑をかける」と説明したが、住民から了承する意見は出ず、「市民より観光客の方が大事なのか」と怒りの声も飛んだ。

 市は10月から樹木の伐採や移植を始め、来年3月の完成を目指す方針。「これが最終案。今後、説明会を開く予定はない」(市幹部)という。計画に反対する住民団体会員の奥野泰孝さん(63)=上京区=は「規模を半分にしても、世界遺産の景観と平穏な生活が失われることに変わりはない。完全に住民無視のやり方だ」と憤った。

【 2016年03月10日 22時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      日本代表の則本、藤浪ら投球練習
      WBC強化合宿2日目

      20170224000124

       野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ANAがピーチを子会社化
      304億円で株式取得

      20170224000017

       ANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      滋賀県の山、詳しく紹介 ガイド本、初心者もわかりやすく

      20170224000077

       滋賀県内の山を登る人のための最新情報を盛り込んだ本「滋賀県の山」が山と渓谷社からこのほ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

      20170224000063

       滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続..... [ 記事へ ]