出版案内
福祉事業団
47NEWS

二条城駐車場、10月着工へ 京都市、樹木伐採40本に

 世界遺産・二条城(京都市中京区)敷地内で市の大型観光バス駐車場新設が計画されている問題で、市は9日夜、当初計画を変更し、規模を半減する見直し案を公表した。樹木40本を伐採する内容などに、自然景観や生活環境が破壊されるとして反対する住民が依然として多いが、市は同日までに、10月に着工する方針を固めた。

 市は二条城東側にある東大手門前の景観を改善するため昨年3月、門前の既存駐車場を縮小する代わりに北西部の樹木を除去し、バス駐車場を整備する計画を策定。これに住民らが反発し、「世界遺産の魅力が失われる」と、約5千人分の反対署名を市に提出した。

 見直し案では、北西部のバス駐車場を当初計画の半分の10台分とし、樹木伐採も約130本から約40本に減らして散策スペースを整備する。東側駐車場は、まずバス1台増の11台分とし、10月には乗用車スペースを120台から34台に減らし代わりにバス9台分を確保する。

 案は住民ら約70人が参加した説明会で市が示した。市は「現実的な計画」と理解を求めたが、住民からは「(城近くの)二条駅周辺に200台以上の民間駐車場がある。パークアンドライドを推奨する市の方針は何だったのか」「年間通して既存駐車場のバス台数を多くすれば、新設は必要ない」と批判が出た。

 市は「複数の駐車場に協力を求めたが断られた」「マイカーをこれ以上減らすと違法駐車が増え、近隣に迷惑をかける」と説明したが、住民から了承する意見は出ず、「市民より観光客の方が大事なのか」と怒りの声も飛んだ。

 市は10月から樹木の伐採や移植を始め、来年3月の完成を目指す方針。「これが最終案。今後、説明会を開く予定はない」(市幹部)という。計画に反対する住民団体会員の奥野泰孝さん(63)=上京区=は「規模を半分にしても、世界遺産の景観と平穏な生活が失われることに変わりはない。完全に住民無視のやり方だ」と憤った。

【 2016年03月10日 22時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー、原口はフル出場
      ドイツ1部リーグ

      20160829000002

       【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ヘルタの原口元気は28日、ホームで行われた..... [ 記事へ ]

      経済

      華やか図柄で介護豊かに 京都の中小企業、防水シーツ開発

      20160828000091

       京都の中小企業グループが、京都らしい華やかなデザインの介護用防水シーツを共同開発した。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      発掘成果、災害対策に 世界考古学会議京都大会が開幕

      20160828000114

       各国の研究者が考古学の未来を語る「世界考古学会議第8回京都大会(WAC8)」が28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      今どき京都の修学旅行どこへ? 定番・伊勢、トヨタや震災学習も

      20160828000060

       全国から京都市を訪れる修学旅行生は年間約110万人。修学旅行生全体の3人に1人が来ると..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジュノーが木星に最接近
      米NASAの無人探査機

      20160828000064

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は27日、木星を周回している無人探査機「ジュ..... [ 記事へ ]

      国際

      カトリック教会で司祭襲撃
      インドネシア、背景捜査

      20160828000073

       【ジャカルタ共同】インドネシア・スマトラ島メダンのカトリック教会で28日、ミサの最中に..... [ 記事へ ]