出版案内
福祉事業団

自らの力で認知症予防 クイズや体操で楽しく

住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)
住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)

 滋賀県守山市幸津川町の住民たちがこのほど、地元の集会場で認知症予防教室を始めた。2月初めまで開かれていた市主催の教室を引き継ぐ形で週1回、住民が考えたクイズや体操を行い「みんなで集まっておしゃべりするのが楽しい」と好評だ。市地域包括支援センターによると、住民が自主的に教室を開くのは市内では初という。

 市は介護認定を受けていない高齢者を対象に、社会参加や運動の有無などを尋ねる調査を2014年度まで実施した。同町を含む中洲学区は要介護状態になる可能性のある人の割合が32%と7学区で最も高く、市平均23%を大きく上回った。交通の便が悪く市中心部の教室に参加しにくいことや、サロン活動が活発でないことが影響しているという。

 市は同町をモデル地区に昨年12月から認知症予防教室を8回開催。終了にあたり、住民から「自分たちの力で続けていこう」との声が上がり、市の教室でも講師を務めた同町在住の健康運動指導士伊藤まさ美さん(61)が引き続き担当し、住民主催で次の週からスタートした。

 火曜日の午前10時から約1時間開き、女性を中心に60~90代の約30人が参加する。テレビドラマ「水戸黄門」の主題歌のメロディーで童謡のひなまつりの歌詞を歌ったり、複数の動きを同時に行う体操をしたりしている。1回100円と有料になったが、毎週参加している岩井フサエさん(89)は「いつまでも元気でいられるように」と張り切っている。

 市地域包括支援センターは「伊藤さんの存在があってできている面があり、ほかの町でも有資格者の人に地域に出てもらえるように声を掛けたい」としている。

【 2016年03月15日 11時30分 】

ニュース写真

  • 住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      セ・リーグ観客動員数が史上最多
      1384万8988人

      20161001000147

       セ・リーグはレギュラーシーズンが終了した1日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の京都、現代アート彩る パリの祭典と連携

      20161001000133

       現代アートを街中で楽しむ一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が1日夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]

      国際

      邦人女性事件で捜査続く、カナダ
      古川さんの友人ら悲嘆

      20161001000114

       【バンクーバー共同】カナダに留学中、行方不明になった青森県出身の古川夏好さん(30)が..... [ 記事へ ]