出版案内
福祉事業団
47NEWS

自らの力で認知症予防 クイズや体操で楽しく

住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)
住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)

 滋賀県守山市幸津川町の住民たちがこのほど、地元の集会場で認知症予防教室を始めた。2月初めまで開かれていた市主催の教室を引き継ぐ形で週1回、住民が考えたクイズや体操を行い「みんなで集まっておしゃべりするのが楽しい」と好評だ。市地域包括支援センターによると、住民が自主的に教室を開くのは市内では初という。

 市は介護認定を受けていない高齢者を対象に、社会参加や運動の有無などを尋ねる調査を2014年度まで実施した。同町を含む中洲学区は要介護状態になる可能性のある人の割合が32%と7学区で最も高く、市平均23%を大きく上回った。交通の便が悪く市中心部の教室に参加しにくいことや、サロン活動が活発でないことが影響しているという。

 市は同町をモデル地区に昨年12月から認知症予防教室を8回開催。終了にあたり、住民から「自分たちの力で続けていこう」との声が上がり、市の教室でも講師を務めた同町在住の健康運動指導士伊藤まさ美さん(61)が引き続き担当し、住民主催で次の週からスタートした。

 火曜日の午前10時から約1時間開き、女性を中心に60~90代の約30人が参加する。テレビドラマ「水戸黄門」の主題歌のメロディーで童謡のひなまつりの歌詞を歌ったり、複数の動きを同時に行う体操をしたりしている。1回100円と有料になったが、毎週参加している岩井フサエさん(89)は「いつまでも元気でいられるように」と張り切っている。

 市地域包括支援センターは「伊藤さんの存在があってできている面があり、ほかの町でも有資格者の人に地域に出てもらえるように声を掛けたい」としている。

【 2016年03月15日 11時30分 】

ニュース写真

  • 住民主催で始めた認知症予防教室で体操をする参加者(守山市幸津川町・さづかわ交流センターにじいろ)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      五輪、吉田沙保里主将で最終調整
      日本選手団

      20160701000008

       日本オリンピック委員会(JOC)が、8月のリオデジャネイロ五輪の日本選手団主将に、レス..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      15世紀ごろの屋敷跡出土 京都嵐山の嵯峨遺跡、陶磁器も発見

      20160630000143

       京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町の発掘調査で、15~16世紀の有力者の屋敷とみられる遺構が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]

      国際

      子ども権利委員に大谷氏
      国連で選挙、日本人初

      20160701000007

       【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で30日、18歳未満の子どもの人権を保障する..... [ 記事へ ]