出版案内
福祉事業団

死因究明の窓口設置を 滋賀県推進協が提言

死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁
死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁

 犯罪死の見逃しなどを防ぐため、正確な死因の究明を目指す「滋賀県死因究明等推進協議会」は15日、近畿2府4県で最低の解剖率など県内の課題や取り組むべき施策をまとめ、県に提言した。特に、死因が特定されるまでの複雑な過程について県民へ理解を広げる取り組みが重要とし、突然家族を失った遺族らが死因究明の手続きなど疑問を問い合わせられる相談窓口の設置を提案した。

 協議会は、2007年に大相撲時津風部屋で暴行死した力士が当初病死として処理された事件などを受けて昨年6月に設置。県や県警、滋賀医科大など9機関で現状を議論してきた。全国でも同様の協議会が発足しており、提言をまとめたのは滋賀が初めてという。

 提言には20の課題を並べた。県内では14年に変死や死因不明などで警察が取り扱った遺体は1613体あったが、正確な死因を調べる解剖の実施は91件で、全体の約5・6%と全国平均の11・2%を下回った。死亡診断書の死因欄に本来は記載しない「心不全」と記すケースも多く、死亡診断を担う医師の資質向上も求められるとした。

 大規模災害時の対応についても検討。東日本大震災では医療情報を保管する施設も被災し、遺体の身元確認が難航したことを受け、歯の治療痕など歯科情報やDNA型のデータベース整備も推進すべきとした。

 協議会長の一杉正仁・滋賀医科大教授(社会医学)は「死因究明の体制を充実させるため、問題点の抽出と解決策の策定を急いだ。提言は通過点に過ぎない」と強調した。県民向けの相談窓口を設ける機関を検討するなど、今後も協議会として提言内容の実現に努めていくという。

【 2016年03月15日 22時00分 】

ニュース写真

  • 死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      サッカー追加は1会場のみ
      五輪組織委、カシマ軸

      20170225000006

       日本サッカー協会が2020年東京五輪の会場にカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)豊田スタジ..... [ 記事へ ]

      経済

      学生と企業、連携の成果発表 京都でグローカルフォーラム

      20170224000175

       地域で活躍する人材の育成をテーマにした「グローカル人材フォーラム」が24日、京都市下京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      滋賀・長浜の歴史文化、保護や活用議論 基本構想策定へ初会合

      20170224000180

       滋賀県長浜市が2019年度内の策定を目指す「長浜市歴史文化基本構想」の策定委員会の第1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      準備万端、25日から2次試験 京都・滋賀で1万5500人受験

      20170224000057

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まる。京都と滋賀では、京都大や滋賀大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      佐賀・玄海町議会、再稼働に同意
      賛成多数、地元理解に前進

      20170224000064

       佐賀県玄海町議会は24日、原子力対策特別委員会を開き、町内に立地する九州電力玄海原発3..... [ 記事へ ]

      国際

      国境の壁、早期に建設と米大統領
      メディアは「国民の敵」

      20170225000003

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、東部メリーランド州で保守系団体が開いた年次..... [ 記事へ ]