出版案内
福祉事業団
47NEWS

死因究明の窓口設置を 滋賀県推進協が提言

死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁
死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁

 犯罪死の見逃しなどを防ぐため、正確な死因の究明を目指す「滋賀県死因究明等推進協議会」は15日、近畿2府4県で最低の解剖率など県内の課題や取り組むべき施策をまとめ、県に提言した。特に、死因が特定されるまでの複雑な過程について県民へ理解を広げる取り組みが重要とし、突然家族を失った遺族らが死因究明の手続きなど疑問を問い合わせられる相談窓口の設置を提案した。

 協議会は、2007年に大相撲時津風部屋で暴行死した力士が当初病死として処理された事件などを受けて昨年6月に設置。県や県警、滋賀医科大など9機関で現状を議論してきた。全国でも同様の協議会が発足しており、提言をまとめたのは滋賀が初めてという。

 提言には20の課題を並べた。県内では14年に変死や死因不明などで警察が取り扱った遺体は1613体あったが、正確な死因を調べる解剖の実施は91件で、全体の約5・6%と全国平均の11・2%を下回った。死亡診断書の死因欄に本来は記載しない「心不全」と記すケースも多く、死亡診断を担う医師の資質向上も求められるとした。

 大規模災害時の対応についても検討。東日本大震災では医療情報を保管する施設も被災し、遺体の身元確認が難航したことを受け、歯の治療痕など歯科情報やDNA型のデータベース整備も推進すべきとした。

 協議会長の一杉正仁・滋賀医科大教授(社会医学)は「死因究明の体制を充実させるため、問題点の抽出と解決策の策定を急いだ。提言は通過点に過ぎない」と強調した。県民向けの相談窓口を設ける機関を検討するなど、今後も協議会として提言内容の実現に努めていくという。

【 2016年03月15日 22時00分 】

ニュース写真

  • 死因究明の制度について県民相談窓口の設置を検討していると話す協議会の一杉会長(中央)=大津市・県庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ソ5―2中(31日)
      ソフトB、逆転で8連勝

      20160531000164

       ソフトバンクが逆転勝ちで今季3度目の8連勝。1―2の八回2死一、三塁から3者連続適時打..... [ 記事へ ]

      経済

      トヨタ、生産を一部休止
      最大9工場、爆発事故影響で

      20160531000132

       トヨタ自動車は31日、同社の高岡工場(愛知県豊田市)などグループの国内4工場で、一部の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハラール弁当味わおう 京都のインド料理店、三条京阪駅で販売

      20160531000076

       イスラム教の戒律にのっとって「ハラール」の認証を受けた食材で作った料理のおいしさを多く..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ドイツの反核運動、ポスターで振り返る 京都・同志社大で展示

      20160531000149

       ドイツ北部の住民が40年近く繰り広げている反核運動をポスターで振り返る展示が31日、京..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      娘の縫いぐるみ宇宙で活用
      大西さん、無重力確認に

      20160531000143

       【モスクワ共同】6月にロシアのソユーズ宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう予定の宇宙飛..... [ 記事へ ]

      国際

      ロ外相、北方領土「返さない」
      首脳間交渉をけん制か

      20160531000169

       【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は31日、日ロ間の最大の懸案である北方領土問題に関..... [ 記事へ ]