出版案内
福祉事業団
47NEWS

筋ジス男性、京都市を提訴 「障害者の自立問う」

訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)
訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)

 筋肉が萎縮し、筋力が低下する筋ジストロフィーのため電動車いすで生活する米国人男性が16日、電動車いすのリフト機能などの費用を支給しなかった京都市の決定取り消しなどを求めて、京都地裁に提訴した。

 提訴したのは京都精華大4年ライス―チョウ・ジョナ・シェンさん(22)=京都市上京区=。原告の代理人弁護士によると、電動車いす費の支給で、障害の個別性に応じた追加機能も公費負担するよう求めた訴訟は全国初とみられる。「障害者の自立と社会参加を問う裁判だ」としている。

 訴状によると、ライス―チョウさんは症状の進行による体の変形で、使っていた電動車いすが合わなくなったため、2014年11月、座った姿勢のまま高さを調整する「リフト機能」やネックサポート機能を新たに含んだ電動車いすの作成費を京都市に申請。市は15年3月に電動車いす費は認めたが、追加機能の費用約15万円は不支給とした。

 ライス―チョウさんは車いすに座った状態で高さ105センチ。高さの調整機能は、現金自動預払機の操作や、人混みでの視界確保による危険軽減など社会生活に不可欠と主張。大学でマンガを学びプロを目指しており、さまざまな視点が画力を磨くにも必要という。「30センチ上昇できるリフト機能があれば世界が変わる。行政の必要以上に厳しい審査基準で、自分の可能性や、やりたいことを諦めざるを得ない障害者は多いはず」と訴えている。

 厚生労働省は車いすなどの追加機能(特例補装具)について、障害者総合支援法に基づき、「身体状況に加え、職業や教育、生活環境も考慮する」と通知している。

 市障害保健福祉推進室は「訴状が届いておらず、詳細は分からないが、市としては適正に支給事務を行っていると考えている」としている。

【 2016年03月16日 22時20分 】

ニュース写真

  • 訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      全仏テニス、A・マリー3回戦へ
      ラオニッチらも

      20160526000025

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第4日は25日、パリのローランギャロスで行われ、男子シ..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、145ドル高
      石油や金融株に買い

      20160526000013

       【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は石油株や金融株..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大島親方、ちゃんこ鍋で募金訴え 京都・隨心院

      20160526000048

       熊本地震の被災地を支援する「復興チャリティーイベント」が25日、京都市山科区の隨心院で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      韓国でコウノトリひな誕生
      ルーツは兵庫・豊岡

      20160525000111

       兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育..... [ 記事へ ]

      国際

      テロ対策で警察犬訓練、ブラジル
      五輪前に空港で、リオ州軍警

      20160526000029

       【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪のテロ対策としてリオ州軍警察は25日、ガレ..... [ 記事へ ]