出版案内
福祉事業団

筋ジス男性、京都市を提訴 「障害者の自立問う」

訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)
訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)

 筋肉が萎縮し、筋力が低下する筋ジストロフィーのため電動車いすで生活する米国人男性が16日、電動車いすのリフト機能などの費用を支給しなかった京都市の決定取り消しなどを求めて、京都地裁に提訴した。

 提訴したのは京都精華大4年ライス―チョウ・ジョナ・シェンさん(22)=京都市上京区=。原告の代理人弁護士によると、電動車いす費の支給で、障害の個別性に応じた追加機能も公費負担するよう求めた訴訟は全国初とみられる。「障害者の自立と社会参加を問う裁判だ」としている。

 訴状によると、ライス―チョウさんは症状の進行による体の変形で、使っていた電動車いすが合わなくなったため、2014年11月、座った姿勢のまま高さを調整する「リフト機能」やネックサポート機能を新たに含んだ電動車いすの作成費を京都市に申請。市は15年3月に電動車いす費は認めたが、追加機能の費用約15万円は不支給とした。

 ライス―チョウさんは車いすに座った状態で高さ105センチ。高さの調整機能は、現金自動預払機の操作や、人混みでの視界確保による危険軽減など社会生活に不可欠と主張。大学でマンガを学びプロを目指しており、さまざまな視点が画力を磨くにも必要という。「30センチ上昇できるリフト機能があれば世界が変わる。行政の必要以上に厳しい審査基準で、自分の可能性や、やりたいことを諦めざるを得ない障害者は多いはず」と訴えている。

 厚生労働省は車いすなどの追加機能(特例補装具)について、障害者総合支援法に基づき、「身体状況に加え、職業や教育、生活環境も考慮する」と通知している。

 市障害保健福祉推進室は「訴状が届いておらず、詳細は分からないが、市としては適正に支給事務を行っていると考えている」としている。

【 2016年03月16日 22時20分 】

ニュース写真

  • 訴状の提出に向かうライスーチョウさん(中央)ら=京都市中京区・京都地裁前)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      70歳の尾崎将、ツアーに意欲
      「今年は楽しみ」

      20170124000120

       男子ゴルフの日本ツアーで最多の94勝を誇る尾崎将司が70歳の誕生日を迎えた24日、千葉..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、壁掛け扇風機14万台回収
      発火の恐れ、事故5件

      20170124000100

       パナソニックは24日、国内で販売した壁掛け式の扇風機に発火の恐れがあるとして、計14万..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜間火災に即応、阿弥陀堂に放水 京都・西本願寺で消防訓練

      20170124000026

       「冬の文化財防火運動」初日の23日、京都市下京区の西本願寺で夜間消防訓練が実施された。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      特別支援学校新設、環境も改善を 滋賀の保護者ら署名提出

      20170124000142

       滋賀県内の特別支援学校に通う児童生徒の保護者や教職員らでつくる「滋賀の障害児教育をよく..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水俣病原因物質、防御機構を破壊
      水銀中毒の治療薬開発に期待

      20170125000008

       水俣病の原因物質であるメチル水銀を摂取すると、小脳などの脳血管に特定のタンパク質が生じ..... [ 記事へ ]

      国際

      ジュネーブ和平協議再開へ
      シリア停戦監視強化で声明

      20170125000005

       【アスタナ共同】内戦の続くシリア全土での停戦維持を図るアサド政権と反体制派の会合は24..... [ 記事へ ]